セルフケアについて

湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す

おそらく大抵の方は、湯たんぽ=寒い時期限定の健康器具だと思っているのではないでしょうか?

この先入観はとてももったいないと思います。

湯たんぽは、生理痛や胃腸の痛み、便秘、腰痛、むくみ、肩こりなど、あらゆる症状にとても効果的な万能ツールです。

どれくらい効果的か例えると。

お金を支払って、質の悪い整体やマッサージを受けるより、一夜湯たんぽを使う方が無難。
(人と人だと相性や技術の問題もありますし・・)

真剣にそう言えるほど、私は湯たんぽの効果を評価しています。

今後は、「冬限定の季節もの」というような先入観は捨てていただき、湯たんぽは防寒対策であると同時に、立派な「治療道具」でもあるという、新たな視点を持っていただきたいと思います。

ちなみに私は、体調が悪い時には「夏でも」湯たんぽで足下やふくらはぎ、お腹や背中を温めたりします。

冷たいものを飲み過ぎたり食べ過ぎたりした後に胃腸を温めたり、エアコンで身体が冷えた後などにも、湯たんぽがおすすめです。

なぜ、そんなことをするかといえば、私が湯たんぽを防寒対策である前に、治療道具だと思っているからです。
認識が変われば、それに伴う行動も変化するというわけですね。

「夏に湯たんぽなんて暑すぎるでしょ!」と思う方もいらっしゃるはずですが、意外とそうでもないんです。

身体が頭寒足熱の状態になるので、体感的には、むしろ上半身が涼しくなるくらいです。

それに、あまり暑いようでしたら、エアコンをかけながらでもいいですし、沸騰させる前の少しぬるめのお湯にするなど、臨機応変にアレンジすればいいと思います。

とにかく、超万能な治療道具である湯たんぽを、冬だけの季節ものと考えるのは、もったいないです。

一年中、毎日使う必要は無いにしろ、体調が悪い時には、季節を問わず是非使っていただきたいと思います。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    妊婦さんの恥骨痛やむくみの改善には半身浴がおすすめ

    以前、ある患者さんからいただいたメールをキッカケに、身体を温めることの…

  2. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法

    冷えとりとは?菊地屋では、患者さんの心と身体を同時に効率良くケ…

  3. セルフケアについて

    自分に合った健康法(セルフケア)の見つけ方

    最近では、特に病気に悩んでいるという訳ではなくても、高い健康意識を持っ…

  4. セルフケアについて

    完璧主義的に健康を求める人ほど不健康になる!?

    あるセミナーに出席した患者さん(以下Sさんとします)から、興味深い話を…

  5. セルフケアについて

    子宮や卵巣が冷えに弱い理由・婦人病対策として温めることが有効な理由

    当院の患者さんにはある程度お伝えしている話ではありますが、今回は改めて…

  6. セルフケアについて

    森林浴のススメ

    みなさんは、森林浴という言葉をご存知でしょうか。聞いたこと…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    毎日やっていることを少しだけ変えていくと、心と身体がラクになる
  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    子宮筋腫、内膜症、卵巣のう腫、子宮腺筋症などの手術を決心した方は【必読】手術する…
  3. セルフケアについて

    半身浴について・子宮や卵巣を温め婦人病を改善したい方におすすめ
  4. 身体や病気についての知識

    高齢の方の眠りが浅いのは当り前なので悩む必要はありません
  5. 考え方を変えて固定観念を壊す

    母性本能という幻想。母性という言葉に振り回されている女性は少なくないと思う
PAGE TOP