セルフケアについて

忙しい人におすすめ。家事をしながら湯たんぽで身体を温める方法

先日、あるクライアントさんから、面白い湯たんぽの使い方を教えていただきましたので、シェアしたいと思います。
とは言っても、知ってしまえば「ああ、そんなことか~」というような内容なのですが、その発想がすごいのです。

方法は簡単です。

fashy(ファシー)を用意し、それをお腹や背中、または患部などに当て「ベルトで固定する」だけです。

とてもシンプルですが、湯たんぽは「布団の中で使うもの」といった先入観に縛られている人には、絶対思い付かない方法でしょう。

私も湯たんぽが、テレビを見ながら、本を読みながら、食事をしながらでも使える利便性の高い施術道具としての認識はありました。
しかし、ベルトで固定するとまでは思い付きませんでした・・

ベルトで固定することで、家の中でできることであれば、大抵のことをこなしながら、ケアができるはずです。
この機動性は素晴らしいと思います。

「そこまでしてまではちょっと・・」と思う方もいるでしょうが、本当に自分の時間が取れず、それでもセルフケアはしたいという方にとっては、バカにできない妙案でしょう。

例えばこの方法なら、半身浴や足湯のように、そこから動けないということもありませんから、赤ちゃんや子供の世話をしながら、食事を作りながら、洗濯をしながら、掃除をしながら・・、さまざまな家事をしながらでもセルフケアを行うことができます。

つまり、その気になれば、自宅の「いたるところ」で、「いつでも」セルフケアができるのです。

湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直すという記事でも、湯たんぽの有効性は説明しましたが、時間が取れない方、家事が忙しい方ほど、是非、チャレンジして欲しいアイデアだと思います。

尚、身体に巻きつけるものは、ベルトであれ紐であれ、ご自分の好きなようにアレンジすればいいと思います。

個人的には、いわゆる「ガチャベル」が便利かと思います。
たしか、100円ショップでも売っているはずです。

2リットル程度の湯たんぽの場合、それなりの大きさがあるので、「上部と下部を2つのベルトで固定する」のも良い方法かもしれません。
とにかく、臨機応変に楽しんでアレンジしてみてください。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの施術家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

仕事、家事、育児などで
毎日働きづめだったあなたへ


そろそろ、自分を後回しにするのはやめて
 あなた自身の心と身体をケアしてみませんか?

子宮や卵巣の病気
女性ホルモンや自律神経の乱れからくる不定愁訴などを
できるだけ手術や薬に頼らずに緩和したい方におすすめの整体院
女性のライフスタイルをサポートする整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫の患部と「共存する」という選択肢

    このコンテンツでは、当整体院が提案する「新しい婦人病との付き合い方」に…

  2. セルフケアについて

    私が半身浴と湯たんぽを、最高に優れた健康法だと思う理由

    半身浴と湯たんぽの魅力は沢山あります。例えば〇…

  3. セルフケアについて

    子宮や卵巣が冷えに弱い理由・婦人病対策として温めることが有効な理由

    当整体院のクライアントさんにはある程度お伝えしている話ではありますが、…

  4. セルフケアについて

    簡単な食生活の見直し方

    食事に気をつけることは重要ですが、当整体院のクライアントさんには、頭寒…

  5. セルフケアについて

    足湯について

    「子育てや仕事で忙しく、なかなか半身浴の時間を取ることができない」…

  6. セルフケアについて

    陣痛開始から約2時間で・・半身浴と湯たんぽでスピード出産・安産に!?

    当整体院では、全てのクライアントさんに半身浴と湯たんぽによるセルフケア…

最近の記事

  1. 考え方を変えて固定観念を壊す

    不妊でお悩みの方へ。なかなか妊娠しないのは、もしかすると極めて単純な「ある原因」…
  2. セルフケアについて

    「冷えは万病の元」と言われる理由
  3. 身体や病気についての知識

    声の大きさと、症状の改善度合の関係
  4. セルフケアについて

    毎日やっていることを少しだけ変えていくと、心と身体がラクになる
  5. 身体や病気についての知識

    自分が、外的環境から大きな影響を受けていることを素直に認めると、生きやすくなる
PAGE TOP