セルフケアについて

水を大量に飲む健康法のリスク・ちょうどいい水分摂取量について

便秘解消やダイエットのため、老廃物を排出し健康になるために水を大量に飲むといいという考え方があります。

たしかに汗やおしっこ、呼吸などで失われる水分を補給し、血液の流れを良くするために適切な水分を補給することは大切ですが、どんなに健康にいいと言われる水でも、あんまり飲み過ぎてしまうと身体に悪影響が出てしまうかもしれません・・

腎臓に負担がかかり過ぎる

飲んだ水をおしっこに変えてくれるのは腎臓ですが、水を飲み過ぎれば腎臓の負担も大きくなります。

腎臓の処理能力を超えるほどの水分を摂取してしまうと、うまく処理できなかった余分な水分が体内に留まってしまいます。
(状況が悪化すると、身体の各細胞は水ぶくれ状態となり、さらに悪化すると細胞が破裂したり死滅してしまう可能性もあると言われています)

東洋医学では、身体に水分がたまり過ぎ、スムーズに排出できないことで起こるさまざまな症状のことを「水毒」と呼びます。

症状としては、めまい・頭痛・疲労感・むくみ・鼻炎・喘息・生理痛・生理不順などが現れるとされています。

冷えの問題

また、過剰な水分摂取によって身体が冷えてしまうリスクもあります。

血液には細胞に栄養や酸素を供給し、炭酸ガスや老廃物を運ぶ働きがあるため、身体が冷えて血液の循環が滞ると、必要なものが運ばれず、不必要なものが排出されない状態なってしまいます。
(参考ページ→「冷えは万病の元」と言われる理由 )

ちなみに、これまでに何度か、水分を大量に飲む健康法に取り組んでいる患者さんを施術したことがありますが、どの方の身体も冷えが深刻で、内臓の機能がかなり低下していたという記憶があります。もちろんすぐに「水分の摂取は適切な量にしてくださいね」とアドバイスしました。

飲み過ぎにならない適切な量はどれくらいか?

2リットル以上の水を飲むといいという話がありますが、これはちょっと飲み過ぎだと思います。

例えば、和食には水分が多い野菜や汁物がつくことが多く、食事だけでもかなりの水分を摂取することができますし、実は、体内で自ら作り出す水分もありますから、体重や体質によって個人差はあれど、おそらく1日に「1~1.5リットルぐらい」飲めば十分ではないかと思います。

水分を補給する時の注意点

日常的に気にする必要はありませんが、胃腸の調子が悪い時、なんとなく体調が悪い時などは、大量の水をいっきに飲むことや、キンキンに冷えた水を飲むことはできるだけ避けることをおすすめします。
胃腸や腎臓にも負担になりますからね。

体調が悪い時は、常温の水か白湯などを、ゆっくり飲んだほうが無難です。

自分が水毒症気味かも・・と思ったら

水毒症を改善するには、体内の余分な水分をスムーズに排出できるような身体を作っていく必要があります。
要するに、正常に汗をかくことができる身体を作るということです。

スポーツ、ホットヨガ、岩盤浴など、汗をかくための方法は沢山ありますが、当院ではお金がかからず自宅で簡単に取り組める半身浴と湯たんぽをおすすめしています。

半身浴について

湯たんぽのススメ

私が半身浴と湯たんぽを、最高に優れた健康法だと思う理由

ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 身体や病気についての知識

    自分が、外的環境から大きな影響を受けていることを素直に認めると、生きやすくなる

    患者さんにはよく話していることですが、人間は天候や気圧、気温、湿度など…

  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    医療産業も商売であることに変わりはない

    世の中には、病院と医者を美化し過ぎている人が少なくないように思います。…

  3. セルフケアについて

    子宮や卵巣が冷えに弱い理由・婦人病対策として温めることが有効な理由

    当院の患者さんにはある程度お伝えしている話ではありますが、今回は改めて…

  4. 身体や病気についての知識

    生理痛は身体からの警告かもしれない!?

    当院の施術を受け、セルフケアを実践してもらえば、大抵の生理痛は緩和して…

  5. セルフケアについて

    湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す

    おそらく大抵の方は、湯たんぽ=寒い時期限定の健康器具だと思っているので…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    簡単な食生活の見直し方
  2. セルフケアについて

    冷房で体調を崩しがちなあなたへ。夏場だけでも夫婦別々に寝てみては?
  3. セルフケアについて

    半身浴について・子宮や卵巣を温め婦人病を改善したい方におすすめ
  4. セルフケアについて

    ファシー (湯たんぽ)スタンダードボトルの次に買うなら「クッションボトル」がおす…
  5. セルフケアについて

    身体を冷やすことに神経質になり過ぎて、冷房(エアコン)を使うことを躊躇してしまう…
PAGE TOP