セルフケアについて

おすすめの湯たんぽ「ファシー fashy」を使って婦人病をケアする方法

当院では、婦人病対策という意味で、子宮や卵巣を直接ケアすることができ、使い勝手の良いプラスティック製のfashy(ファシー)という湯たんぽをおすすめしています。

fashyはカラーが多く、ファッション性に優れており、ゴム製の湯たんぽと違い、ゴムの臭いも気にならない、とても魅力的な湯たんぽです。

一般的に、湯たんぽ=就寝時というイメージがあるかもしれません。

もちろん、就寝時は自己治癒力が活性化する時間帯なので、メインで使って欲しいところなのですが、この湯たんぽは、手軽に持ち運びできるため、テレビを見ながら、本を読みながらでも、気軽にお腹や足腰を温めることができます。

婦人病でお悩みのクライアントさんが多い当院では、セルフケアの一環として、子宮や卵巣の辺りに湯たんぽを当てて温める方法をおすすめしておりますが、おかげさまで、かなりのクライアントさんに実践していただき、とても良い結果が出ています。

生理痛がひどい時などに、湯たんぽを下腹部や腰に当てておくと痛みがラクになると、クライアントさんからも好評です。

公式ホームページでも通信販売を行っておりますが、種類が多すぎて非常にわかりづらいので・・

「fashy スタンダードボトル  2.0L カバー」

というキーワードでネット検索していただくと(そのままコピーペーストしてもらうと簡単です)、さまざまなお店が通販を行っています。

手に取って選びたいと思う方には不安かもしれませんが、店舗で購入するよりも、通販の方がカラーや種類が豊富なのでおすすめです。

ちなみに私は、下の写真のように、ものすごくかわいいやつを使っています(笑)

b70691201310231641511

豊富な種類の中から、最初にどの湯たんぽを選ぶべきか?

最初に購入するのは、最大容量2Lの「カバー付きのスタンダードボトル」を選ぶことをおすすめします。

ファシーはとても種類が多く、最大容量800㎖のスモールボトルや、可愛らしいぬいぐるみ形やハート形の湯たんぽ、足や腰を温めることに特化したモデル、座っても平気なクッション湯たんぽなど、さまざまなタイプの湯たんぽがあります。

いろいろと目移りしてしまうかもしれませんが、婦人病のケアのために子宮や卵巣を温めるという用途からいうと、やはり容量が多く、保温性に優れたスタンダードボトルが一番おすすめです。
(fashy スタンダードボトル  2.0L カバーで検索してみてください)

決して高い商品ではありませんから、2個目を購入する時に、その他のタイプの商品を選ぶと良いでしょう。

基本は、文字通りスタンダードボトルを選びましょう。

子宮や卵巣を湯たんぽで温める時の注意点

注意点1

婦人病ケアのために子宮や卵巣を直接温めるという方法は、どうすればもっとスムーズに、クライアントさんの症状を改善させられるだろうかと、日々、研究していく中で私が独自に考案したものです。

湯たんぽの使い方として、直接身体に当てる方法は、低温火傷の可能性があるとされ、一般的にはあまり推奨されていません。

しかし、当院のクライアントさんの中で、この使用方法により、低温火傷を起こした方は、これまで一人もいらっしゃいませんし、私自身も問題を感じたことはありません。

とはいえ、低温火傷の可能性が絶対に無いとは言い切れませんので、湯たんぽを直接肌に当てることは避け、「腹巻き」を付けたり、「ズボン下、スパッツ」などを履いた上にラクな服を着用した状態で湯たんぽを使うことをおすすめします。

そして前提として、この方法を試してみるかにつきましては、あくまでも自己責任でご判断いただくようお願いします。

注意点2

下腹部に湯たんぽを乗せると、最初は結構重く感じるはずです。

徐々に慣れてくるはずですが、しばらくしても辛く感じるようであれば、お湯の量を減らしても構いません。

ただ、極端にお湯の量を減らしてしまうと、温かさが続く時間も減ってしまいますので、その辺りはうまく調整してみましょう。

注意点3

「下腹部に湯たんぽを乗せて寝ると、気付いた時には、どこかに移動してしまっているんですが、大丈夫でしょうか?」
という質問をよくされます。

寝返りによって湯たんぽが動くのは当然ですし、布団の中にあるのであれば、身体はしっかり温まりますので問題ありません。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    嗜好品(たばこやお酒、甘いものなど)を止めないと、病気は改善しないのか?

    「症状を改善したい」とは思いつつも、たばこやお酒、甘いものなどの嗜好品…

  2. セルフケアについて

    湯たんぽ(ファシー)のお湯の温度を簡単に調整する方法、お湯の量について

    当院では、婦人病対策という意味で、患部を直接温めることができる、使い勝…

  3. セルフケアについて

    8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?

    自分はあまり眠れていないのでないか・・と悩む方は少なくありません。…

  4. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法

    〇半身浴について「子育てや仕事で忙しく、なかなか半身浴…

  5. セルフケアについて

    美容のためには22時くらいに寝たほうがいいという話の信憑性と、日中の昼寝について

    自宅にいる時間が長い方の中には、昼寝などの「こま切れ睡眠」をとっている…

  6. セルフケアについて

    湯たんぽのススメ・子宮や卵巣を温め婦人病を改善したい方におすすめ

    子宮や卵巣の病気を改善するためには、構造上、血流が滞りやすい(冷えやす…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    湯船に入った時の「あ~極楽」というリアクションと、日本人のアイデンティティについ…
  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    婦人病の患部を手術で摘出したとしても、健康な身体に戻るわけではない
  3. 身体や病気についての知識

    イメージで妊娠の可能性を高められる!?妊活中の方におすすめの動画
  4. 身体や病気についての知識

    梅雨の時期の体調不良と自律神経の関係
  5. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気だからといって、人生を楽しむことを諦める必要はない=楽しめないことを病気のせ…
PAGE TOP