セルフケアについて

頭寒足熱・冷えとり療法

婦人科系の病気、睡眠障害、頭痛、ストレス、冷え、さまざまな症状に効果的な健康法です!

頭寒足熱・冷えとり療法の基本は、半身浴と湯たんぽです。
どちらからでも結構ですので、ご自分に合った方法から取り組んでください。

〇半身浴について

〇湯たんぽついて

※※使い方を工夫すると湯たんぽは一年中使えます。(湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す)お風呂に入ることが面倒だと感じる方にもおすすめです。

〇関連記事
古来から伝わる健康の秘訣、頭寒足熱・冷えとり療法を全ての現代人におすすめしたい具体的な理由
※手当て整体菊地屋のサイトへ飛びます。

当整体院で指導しているセルフケアの基本は、半身浴と湯たんぽです。
この2つのケアを行えば、大抵の症状は緩和していきますから、基本的にはこれだけで十分です。

しかし、中には。

「半身浴と湯タンポに取り組んだ上で、さらに他の健康法にもチャレンジしてみたい方」

「施術の効果をさらに高めたいと思っている方」

もいらっしゃると思います。
そんな方々におすすめしたいのが冷えとり靴下の重ね履きです。

〇冷えとり靴下の重ね履きついて

冷えとり靴下の重ね履きは、大阪市立病院の副院長を勤めていた進藤義晴氏が提唱している民間療法です。
最初の著書が二十年以上も前に発刊されていますが、現在まで幾度も増刷され、支持され続けられています。

当時のクライアントさん達に冷えとりを実践してもらったところ、クライアントさん一人当たりの施術回数や薬の使用量が余りにも減少し、病院の経営を圧迫してしまったということで、進藤氏は病院を辞めざるを得なくなった・・
という逸話があるほど、非常に有効な健康法です。

冷えとりの主な狙いは、下半身を温め、上半身ののぼせを改善し、頭寒足熱の身体に導いてゆくことで、気や血液、リンパ液、その他の体液の循環を緩和することです。
(詳細は冷えは万病の元と言われる理由をご覧ください)

循環が改善されることで、細胞に十分な栄養や酸素を運ぶことができ、炭酸ガスや老廃物などの排出もスムーズになると考えられています。

冷えとり靴下の重ね履きについて

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの施術家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

仕事、家事、育児などで
毎日働きづめだったあなたへ


そろそろ、自分を後回しにするのはやめて
 あなた自身の心と身体をケアしてみませんか?

子宮や卵巣の病気
女性ホルモンや自律神経の乱れからくる不定愁訴などを
できるだけ手術や薬に頼らずに緩和したい方におすすめの整体院
女性のライフスタイルをサポートする整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    暑い夏でも、快適に冷えとり(半身浴)を実践するコツ

    夏の暑い時期の冷えとりは苦痛・・と感じる方は少なくないと思います。…

  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気を改善したい=これまでの生き方を変えたいと思っている人に予め知ってほしいこと

    病気の症状を緩和しようとして、これまでさまざまな施術法や健康法を試して…

  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    医師の対応に傷つく患者が多い理由とは。西洋医学は心をどう捉えているのか

    西洋医学は、病気の原因を物質的なものとして捉え、発展した医学です。…

  4. セルフケアについて

    生理痛の救世主、ロキソニンの副作用(腸閉塞など)について。

    「ロキソニンに重大な副作用がある」というテレビ番組の特集を観ました。(…

  5. セルフケアについて

    嗜好品(たばこやお酒、甘いものなど)を止めないと、病気は改善しないのか?

    「症状を緩和したい」とは思いつつも、たばこやお酒、甘いものなどの嗜好品…

  6. セルフケアについて

    半身浴や湯たんぽと併用することで相乗効果を生む冷えとりアイテム

    半身浴や湯たんぽと併用することで、効率的に冷えを改善できるおすすめの方…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫の患部と「共存する」という選択肢
  2. 身体や病気についての知識

    なぜ、天気が悪くなると、古傷(神経痛)が痛むのか?
  3. セルフケアについて

    半身浴や湯たんぽと併用することで相乗効果を生む冷えとりアイテム
  4. セルフケアについて

    簡単な食生活の見直し方
  5. セルフケアについて

    8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?
PAGE TOP