セルフケアについて

足湯について

「子育てや仕事で忙しく、なかなか半身浴の時間を取ることができない」

「家にお風呂が無い」

「病気やケガで、半身浴ができない」

「半身浴をする体力が無い」

など、さまざまな原因でどうしても半身浴ができないという方には、足湯がおすすめです。

本を読みながら、勉強しながら、テレビをみながら、昼寝をしながら・・など「○○しながら」できるところも足湯の魅力です。

半身浴と合わせて行っても良いでしょう。

入足湯は自分が気持ちの良い温度設定で

足湯の場合、温度設定はあまり気にしなくても大丈夫です。

今は優れた足湯器が、さまざまな会社から販売されていますが、バケツのようなものでも手軽に足湯はできますので、お試しください。

ポイント

〇大きなゴミ袋のようなもので、バケツと自分の足とをスッポリと包んでしまえば、お湯の温度が冷めにくくなり、長時間の足湯ができます。

足湯の水位はくるぶしよりも上

水位についても、特に決まりはありません。
ふくらはぎが痛い方であれば、その辺りまでお湯につけてもかまいませんが、最低限「くるぶしよりも上」に水位がくるようにしてください。

時間は自由に

個人差はありますが、20分~30分くらいで身体がポカポカしてくると思いますので、このくらいの時間でも十分効果はあります。

私は個人的に足湯をしながら読書をするのが好きなので、1時間以上することもありますが、まずは試してみること、続けてみることが何よりも大切ですので、ご自分のライフスタイルに合った時間設定で問題ありません。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    頭熱(のぼせ)状態が慢性化すると、なぜ危険なのか?

    「頭熱」とは、頭(脳)に血液が集まり、のぼせが慢性化している状態のこと…

  2. セルフケアについて

    からだの深部の冷え

    2つ目のパターンは、身体の内側、深部に冷えがたまるパターンです。…

  3. セルフケアについて

    ファシー (湯たんぽ)スタンダードボトルの次に買うなら「クッションボトル」がおすすめ

    当院では、最初に購入していただく湯たんぽとして、ファシー(fashy)…

  4. セルフケアについて

    パニック障害と下半身の冷えの関係。下半身の冷えが精神状態を左右している!?

    先日、パニック障害の症状改善のために治療を受けている患者さん(以下Sさ…

  5. セルフケアについて

    水を大量に飲む健康法のリスク・ちょうどいい水分摂取量について

    便秘解消やダイエットのため、老廃物を排出し健康になるために水を大量に飲…

  6. セルフケアについて

    「嫌なことは水に流す」水の感触を利用したネガティブなエネルギーの浄化法

    私は、海や川で遊んだり、温泉に入ったりと、基本的に気持ちよく水と関われ…

最近の記事

  1. 身体や病気についての知識

    高齢の方の眠りが浅いのは当り前なので悩む必要はありません
  2. セルフケアについて

    「冷えは万病の元」と言われる理由
  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気だからといって、人生を楽しむことを諦める必要はない=楽しめないことを病気のせ…
  4. セルフケアについて

    生理の量が多いことが原因で、再就職先の内定を断った患者さんの話
  5. セルフケアについて

    湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す
PAGE TOP