セルフケアについて

冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ

半身浴湯たんぽを使って身体を温め続けていても、冬になると、手先や足先が冷たくなってしまう方が少なくありませんが、結論から言うと、こういった症状はあまり気にしないでも大丈夫です。

真夏でも氷のように冷たかったり、指先が白や紫色に変色してしまうような症状が出るのは問題ですが、寒い時期に、ただ冷たくなる程度であれば心配する必要はありません。

手先、足先が冷える原因はさまざまですが、精神的に緊張していたり、身体に力が入っているだけでも冷たくなります。

つまり、緊張しやすいタイプの方や、人に気を使うタイプの方、人にどう見られるかを気にするタイプの方、いつも身体に力が入っている方などは、元々、冷たくなりやすいのです。

おそらく、そういう方の場合、仕事の日や、緊張を強いられる場面と、リラックスできる場面で比較すると、冷たさはだいぶ変わってくるはずです。

なんにせよ、大概、病気からくる症状ではないので、心配する必要はないでしょう。

また、内臓に血液を集中させるために、末端の血流が悪くなっているケースもあります。

生存戦略上、内臓の機能を低下させるのは問題なので、寒い時期には、全身の血液を内臓に集中させる傾向があります。

当然、末端の血流は悪くなるので、手先、足先が冷えるわけですが、その方が生きていく上で有利と判断した結果ですから、特に問題はありません。

ということで、寒い時期の手先、足先の冷えに関しては、特に心配する必要はありません。

注意点

心配しなくても良いといっても、あくまでも前提として、「半身浴や湯たんぽを使って、身体を温めている方の場合」です。

つまり、当院で施術を受けている患者さんや、施術は受けていなくても、自分なりにセルフケアも行っている肩関しては、特に心配する不要はないということになります。

しかし、特に何もケアもしていない方の場合、手先足先の冷えが相当辛く感じるようでしたら、やっかいな症状の入口として現れている可能性はありますので、身体を温める意識を持った方が無難でしょう。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 身体や病気についての知識

    症状が改善してくると、女性はどんどんキレイになる

    治療を継続していくと、患者さんにさまざまな変化が表れてきます。…

  2. セルフケアについて

    半身浴について・子宮や卵巣を温め婦人病を改善したい方におすすめ

    女性の骨盤内には、子宮や卵巣、その他にも尿道や膀胱、直腸などがぎっしり…

  3. セルフケアについて

    湯船に入った時の「あ~極楽」というリアクションと、日本人のアイデンティティについて

    湯船に入った時、実際に「あ~極楽」と言う方はあまりいないと思いますが、…

  4. セルフケアについて

    頭熱(のぼせ)状態が慢性化すると、なぜ危険なのか?

    「頭熱」とは、頭(脳)に血液が集まり、のぼせが慢性化している状態のこと…

  5. セルフケアについて

    私が半身浴と湯たんぽを、最高に優れた健康法だと思う理由

    前回の記事で、当院では、大抵の方が無理なく継続でき、効果的な健康法とし…

  6. セルフケアについて

    冷えとり靴下の重ね履きについて

    靴下の重ね履きをするメリット内臓の機能を活発にする…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    半身浴について・子宮や卵巣を温め婦人病を改善したい方におすすめ
  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    母性本能という幻想。母性という言葉に振り回されている女性は少なくないと思う
  3. セルフケアについて

    水を大量に飲む健康法のリスク・ちょうどいい水分摂取量について
  4. セルフケアについて

    子宮や卵巣が冷えに弱い理由・婦人病対策として温めることが有効な理由
  5. 考え方を変えて固定観念を壊す

    仲が良い夫婦や恋人=一緒に寝ているという幻想
PAGE TOP