セルフケアについて

冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ

半身浴湯たんぽを使って身体を温め続けていても、冬になると、手先や足先が冷たくなってしまう方が少なくありませんが、結論から言うと、こういった症状はあまり気にしないでも大丈夫です。

真夏でも氷のように冷たかったり、指先が白や紫色に変色してしまうような症状が出るのは問題ですが、寒い時期に、ただ冷たくなる程度であれば心配する必要はありません。

手先、足先が冷える原因はさまざまですが、精神的に緊張していたり、身体に力が入っているだけでも冷たくなります。

つまり、緊張しやすいタイプの方や、人に気を使うタイプの方、人にどう見られるかを気にするタイプの方、いつも身体に力が入っている方などは、元々、冷たくなりやすいのです。

おそらく、そういう方の場合、仕事の日や、緊張を強いられる場面と、リラックスできる場面で比較すると、冷たさはだいぶ変わってくるはずです。

なんにせよ、大概、病気からくる症状ではないので、心配する必要はないでしょう。

また、内臓に血液を集中させるために、末端の血流が悪くなっているケースもあります。

生存戦略上、内臓の機能を低下させるのは問題なので、寒い時期には、全身の血液を内臓に集中させる傾向があります。

当然、末端の血流は悪くなるので、手先、足先が冷えるわけですが、その方が生きていく上で有利と判断した結果ですから、特に問題はありません。

ということで、寒い時期の手先、足先の冷えに関しては、特に心配する必要はありません。

注意点

心配しなくても良いといっても、あくまでも前提として、「半身浴や湯たんぽを使って、身体を温めている方の場合」です。

つまり、当整体院で施術を受けているクライアントさんや、施術は受けていなくても、自分なりにセルフケアも行っている肩関しては、特に心配する不要はないということになります。

しかし、特に何もケアもしていない方の場合、手先足先の冷えが相当辛く感じるようでしたら、やっかいな症状の入口として現れている可能性はありますので、身体を温める意識を持った方が無難でしょう。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの施術家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

仕事、家事、育児などで
毎日働きづめだったあなたへ


そろそろ、自分を後回しにするのはやめて
 あなた自身の心と身体をケアしてみませんか?

子宮や卵巣の病気
女性ホルモンや自律神経の乱れからくる不定愁訴などを
できるだけ手術や薬に頼らずに緩和したい方におすすめの整体院
女性のライフスタイルをサポートする整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    嗜好品(たばこやお酒、甘いものなど)を止めないと、病気は改善しないのか?

    「症状を緩和したい」とは思いつつも、たばこやお酒、甘いものなどの嗜好品…

  2. 身体や病気についての知識

    森三中、大島さんの妊娠と人工授精について

    鈴木おさむさんのブログで、仕事を休み、妊活中だった奥さんの大島さんが無…

  3. セルフケアについて

    湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す

    おそらく大抵の方は、湯たんぽ=寒い時期限定の健康器具だと思っているので…

  4. セルフケアについて

    私が半身浴と湯たんぽを、最高に優れた健康法だと思う理由

    半身浴と湯たんぽの魅力は沢山あります。例えば〇…

  5. セルフケアについて

    忙しい人におすすめ。家事をしながら湯たんぽで身体を温める方法

    先日、あるクライアントさんから、面白い湯たんぽの使い方を教えていただき…

  6. 考え方を変えて固定観念を壊す

    婦人病の患部を手術で摘出したとしても、健康な身体に戻るわけではない

    ※当整体院にお越しになるクライアントさんは、婦人病の手術後、再発を恐れ…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    嗜好品(たばこやお酒、甘いものなど)を止めないと、病気は改善しないのか?
  2. セルフケアについて

    ファシー (湯たんぽ)スタンダードボトルの次に買うなら「クッションボトル」がおす…
  3. 身体や病気についての知識

    高齢の方の眠りが浅いのは当り前なので悩む必要はありません
  4. セルフケアについて

    8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?
  5. 考え方を変えて固定観念を壊す

    母性本能という幻想。母性という言葉に振り回されている女性は少なくないと思う
PAGE TOP