セルフケアについて

簡単な食生活の見直し方

食事に気をつけることは重要ですが、当院のクライアントさんには、頭寒足熱・冷えとり療法によるセルフケアに取り組んでいただいているので、ほとんど食事制限をすることはありません。

半身浴と湯たんぽだけでも十分効果があるので、クライアントさんには、あまり無理をさせたくないという気持ちもあるのですが、あえて食事制限をしていない一番の理由は、「食事はコミュニケーションの場」だからです。

食事の質を極端に変えてしまうと、外食ができなくなったり、一般的な食生活の方々と、一緒に楽しく飲み食いすることがしづらくなります。

いくら健康になるため、病気を改善するためだとしても、家族や友人とのコミュニケーションの障害になるくらいの食事制限は、それ自体、「健康的な生き方では無い」と考えています。

しかし、中には食生活も見直していきたいと考えている方もいるでしょう。

そんなやる気のある方のために3つのアドバイスです。

〇できるだけ和食中心の食生活を心がけてみる

あまり神経質になる必要はありません。あくまでも「できるだけ心がける」という程度で構いません。

〇食べる量を減らす

食べ過ぎが病気の原因になりうる理由という記事で解説していますが、食べ過ぎが習慣化すると、病気になりやすくなってしまいます。

そのため、可能な方には「朝ごはんを抜く」ことをおすすめしています。

〇できるだけよく噛む

噛むことで脳が刺激され、唾液が多量に分泌されると同時にさまざまな消化酵素が出やすくなるため、消化器への負担を減らすことができます。

この3つのポイントに注意するだけでも、身体の負担はかなり軽減されるはずです。
3つのポイント全てを厳守する必要はありませんから、できそうなところから取り組んでみてください。

あまり神経質にならず、気楽に取り組むのがコツです。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    おすすめの湯たんぽ「ファシー fashy」を使って婦人病をケアする方法

    当院では、婦人病対策という意味で、子宮や卵巣を直接ケアすることができ、…

  2. セルフケアについて

    8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?

    自分はあまり眠れていないのでないか・・と悩む方は少なくありません。…

  3. セルフケアについて

    食べ過ぎが病気の原因になりうる理由

    現代人の多くは、食べ過ぎる傾向があります。ストレス解消…

  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    子宮腺筋症の激痛が改善し、子宮全摘出手術を免れた患者さんの話

    当院には、子宮腺筋症という病気でお悩みのクライアントさんが沢山お越しに…

  5. セルフケアについて

    美容のためには22時くらいに寝たほうがいいという話の信憑性と、日中の昼寝について

    自宅にいる時間が長い方の中には、昼寝などの「こま切れ睡眠」をとっている…

最近の記事

  1. 考え方を変えて固定観念を壊す

    母性本能という幻想。母性という言葉に振り回されている女性は少なくないと思う
  2. 身体や病気についての知識

    子宮筋腫、内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫の手術をする前に検討すべきこと
  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    不妊でお悩みの方へ。なかなか妊娠しないのは、もしかすると極めて単純な「ある理由」…
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気を治そうと焦るほど、治りづらくなる理由
  5. セルフケアについて

    足湯について
PAGE TOP