セルフケアについて

頭寒足熱・冷えとり療法は日本人の価値観と相性がいい

古くから語り継がれている「頭寒足熱」という言葉があります。
心を穏やかに、身体も健康に生きてゆくための秘訣として、広く知られている言葉です。

現在では、頭寒足熱の考え方を背景とした健康法、健康器具、書籍、なかには勉強法までもが登場し、健康の代名詞として大きな広がりを見せています。
一説によると、この考え方は、約四百年前の江戸時代の頃には、既に存在していたというのですから驚きです。

なぜ、こんなにも長い間、淘汰されることなく、語り継がれてきたのでしょう?
さまざま意見があると思いますが、個人的な考えをいくつか書いてみたいと思います。

実際に効果的だった

言うまでもなく、効果的ではない健康法は淘汰されていきます。
四百年も語り継がれていること自体が、効果的である証拠と言えるのではないでしょうか。

昔は、「たたり」や「呪い」という言葉があるように、霊的な存在も病気の原因とされていました。
これは、健康法以外にも、病気を改善するための方法論が(おはらい、お守り、神仏への信仰など)沢山あったことを示しています。

そんな中、現代まで淘汰されずに語り継がれてきているということは、それだけ効果があったということでしょう。

手間とお金がかからない

情報過多の現代では、新しい健康法が生まれては消えを繰り返しています。

中には、数ヶ月も経たないうちに、あらゆるメディアから姿を消す健康法も珍しくありませんが、世間から支持されなかったそういった健康法は、多くの場合、手間やお金がかかるものだったりします。

反面、頭寒足熱を実現するために必要なのは、お風呂、湯たんぽ、靴下などですから、比較的お金もかからず、簡単に実践できます。

これが、高額な健康器具や健康食品を使っていたり、遠出して行わなくてはならないような健康法となれば話は別です。
前者はお金がかかり、後者は手間がかりますから、いくら効果的だとしても、多くの方々に受け入れられるのは難しいはずです。

日本人の価値観と相性が良かった

頭寒足熱の原型となる概念は、おそらく、海外から日本に入ってきたものでしょうから、日本以外の国にも、ある程度伝わっていることが予想できます。
(頭寒足熱のルーツがどこからきているのかという問題については、さまざまな説があり、はっきりとしたことは分かっていませんが、今のところ海外から入ってきたという説が有力なようです)

しかし、頭寒足熱という概念をこれだけ浸透している国は、日本以外に聞いたことがありません。

これだけこの概念が広まった背景には、日本にはもともと温泉が多く、既に湯治という健康法があったこと。
冷えは万病の元という考え方もあったことなど、他の国よりも、頭寒足熱という概念を受け入れやすい、文化的な土壌が整っていたことが関係しているのではないかと思います。

それは、時代の空気感が反映されやすい、小説や落語の中で、頭寒足熱という言葉が登場していることからも感じられます。

例えば。

「昔から頭寒足熱と言ってな、頭は冷やしとかなきゃいけねぇものなんだ。悪いことはいわねぇから、水で冷やしな」
落語「無精床」より。

また、文豪夏目漱石は「我輩は猫である」の中で、「頭寒足熱は延命息災のしるしと傷寒論にも出ている通り・・」という一文があります。

おそらく、頭寒足熱という概念は、日本人の価値観や文化と相性がとても良かったのでしょうね。

基本的に人間は、自分の価値観に馴染まず、理解できないものは信じられません。

そして、信じられない健康法は、往々にして効果が出にくいものです。

メディアでは、他の国で流行した健康法を頻繁に紹介しますが、他の国でどんなに効果的であっても、その健康法の考え方と自分の価値観が合わなければ、あまり効果も望めないでしょうし、それ以前に継続できないのではないでしょうか。

したがって、自分にとって効果的な健康法を見つけるためには、「自分の価値観と合う=信じられるかどうかが大切なポイント」となります。

その点、四百年も語り継がれている頭寒足熱という考え方は、日本人の価値観と相性抜群で安心できます。
さすがに、全ての日本人に受け入れられるものだとは考えていませんが、歴史が証明しているように、多くの方に受け入れられる可能性は高いでしょう。

そういった意味で、当院では、頭寒足熱の概念を背景にした健康法は、「最も日本人に適している」のではないかと考えています。

まとめ

頭寒足熱の身体を目指す健康法は、効果的で、手間とお金がかからず、日本人の価値観にマッチした健康法。

おそらく、これだけの条件を満たしている健康法は、世の中を見渡してもそうそう見つかるものでは無いと思います。

〇関連記事

頭寒足熱・冷えとり療法
「冷えは万病の元」と言われる理由

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    食べ過ぎが病気の原因になりうる理由

    現代人の多くは、食べ過ぎる傾向があります。ストレス解消…

  2. セルフケアについて

    ファシー (湯たんぽ)スタンダードボトルの次に買うなら「クッションボトル」がおすすめ

    当院では、最初に購入していただく湯たんぽとして、ファシー(fashy)…

  3. セルフケアについて

    「冷えは万病の元」と言われる理由

    「冷えは万病の元」という言葉は、今や一般的なものになっており、身体が冷…

  4. 身体や病気についての知識

    生理痛は身体からの警告かもしれない!?

    当院の施術を受け、セルフケアを実践してもらえば、大抵の生理痛は緩和して…

  5. セルフケアについて

    森林浴のススメ

    みなさんは、森林浴という言葉をご存知でしょうか。聞いたこと…

最近の記事

  1. 身体や病気についての知識

    森三中、大島さんの妊娠と人工授精について
  2. セルフケアについて

    頭熱(のぼせ)状態が慢性化すると、なぜ危険なのか?
  3. セルフケアについて

    森林浴のススメ
  4. セルフケアについて

    おすすめの湯たんぽ「ファシー fashy」を使って婦人病をケアする方法
  5. セルフケアについて

    私が半身浴と湯たんぽを、最高に優れた健康法だと思う理由
PAGE TOP