セルフケアについて

セルフケアを失敗しないためのコツ

菊地屋では、日々のセルフケアはとにかく「適度に取り組みましょう」と、患者さんに指導しています。

例えば、全ての患者さんにおすすめしている半身浴ですが、目標のラインは、週に4回、20分以上を目安に行ってもらっています。
(お風呂が苦痛にならない方や時間に余裕がある方なら、回数も時間も自由に増やしてもいいですよと、お伝えしています)

働いている患者さんが多いため、その方々のライフスタイルを考慮すると、週に2日のお休みで2回。
平日のどこかの日に2回。

合計4回というラインであれば、あまり入浴の習慣が無い方でも、なんとか行うことができる現実的なラインではないかと考えました。

実際、これくらいのペースであれば、働いている患者さんでもなんとかクリアできています。

指導する側の人間の中には、自らがストイックにケアを行っているためか、患者さんに対しても、相当重荷になるようなケアを強制する方もいますが、個人的にはあまり賛同できません。

というのも、心や身体になんらかの問題を抱えている方は、真面目過ぎる、責任感が強い、心配性、完璧主義、罪悪感を持ちやすい、落ち込みやすい・・
といった傾向が強い方が多いものです。

そのような方に厳しいセルフケアを義務付けると、大抵の場合、とても真面目に取り組もうとします。

しかし、そもそも、ストイックなセルフケアを完璧に継続できる方など、そう多くありませんから(仕事や子育てをしている方ならなおさらです)、結果的に、完璧にクリアできない自分を責めたり、罪悪感を抱いてしまう方が多いのです。

すると、心身をより良くするためのセルフケアが、皮肉にもストレスの種となり、今までよりもさらに生きづらくなってしまう可能性があります。

そういったリスクを避けるためにも、菊地屋では、できるだけ適度にセルフケアに取り組んでもらうことを推奨していています。

おそらくそのほうが、セルフケアを継続するモチベーションも保ちやすいでしょうし、毎日のセルフケアを通して「適度」という感覚を鍛えていけば、今よりももっと生きることが楽になるのではないでしょうか。

例外もあります

当院のコンセプトは、患者さんそれぞれの考え方やライフスタイルに合わせていくことです。
患者さんによっては、ストイックに取り組んでもらったり、予め期間を決め、その間だけ頑張ってもらうというパターンもあります。

ですから、セルフケアをストイックに行うことを、頭から否定している訳ではありません。

しかし指導者としては、ストイックに、完璧主義的にセルフケアを行った場合、患者さんによっては逆効果になる可能性がある危険性を考慮すべきだと思うのです。

重要なのは、患者さんの性格やライフスタイルから、その方に合った適切なセルフケアの方法を導き出し、効率の良い方法を指導することだと考えています。

当院で指導しているセルフケア→頭寒足熱・冷えとり療法

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    陣痛開始から約2時間で・・半身浴と湯たんぽでスピード出産・安産に!?

    当院では、全ての患者さんに半身浴と湯たんぽによるセルフケアに取り組んで…

  2. セルフケアについて

    身体を冷やすファッションについて

    現代人のファッションは、上半身は重ね着をして、下半身は比較的、薄着とい…

  3. セルフケアについて

    足湯について

    「子育てや仕事で忙しく、なかなか半身浴の時間を取ることができない」…

  4. セルフケアについて

    ファシーの湯たんぽを2つ使って骨盤を挟みながら冷えを取る、本当に効果的な婦人病対策

    陶器製の湯たんぽをご紹介した記事の中で、ファシーと陶器製の湯たんぽの合…

  5. セルフケアについて

    半身浴について・子宮や卵巣を温め婦人病を緩和したい方におすすめ

    女性の骨盤内には、子宮や卵巣、その他にも尿道や膀胱、直腸などがぎっしり…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    生理痛の救世主、ロキソニンの副作用(腸閉塞など)について。
  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    胃腸の弱い人が結婚や同棲をする前に気にした方がいいトイレ問題
  3. セルフケアについて

    簡単な食生活の見直し方
  4. セルフケアについて

    湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す
  5. セルフケアについて

    生理の量が多いことが原因で、再就職先の内定を断った患者さんの話
PAGE TOP