セルフケアについて

湯船に入った時の「あ~極楽」というリアクションと、日本人のアイデンティティについて

湯船に入った時、実際に「あ~極楽」と言う方はあまりいないと思いますが、映画やドラマ、マンガやアニメなどの中で、こういう表現が使われることがあるのをご存知の方は多いと思います。

なぜ、こういう表現が生まれたかという歴史的背景はよく分かりませんが、私が重要だと思うのは、「あ~極楽」という表現が、誰もが知っている一般的なものになっているというところです。

ある概念が一般化し、人々に広く認知されるためには、その概念に対して、多くの人が「なるほど、たしかにそうだよね」と、共感する部分が必要なはずです。

「あ~極楽」についていえば、湯船に入った時にわき上がる体感と、極楽という言葉が違和感なくリンクしたからこそ、淘汰されることなく未だにこのような表現が残っているのでしょう。

要するに、「お風呂につかることは、最高の快楽であるということに、多くの日本人が同意した」わけです。

身を滅ぼす可能性がある刺激的な快楽よりも、健全な快楽を

人間は元来、快楽を求め続ける生き物です。

快楽を求め、不快を避けようとする意思が、文明を作り上げたと言っても過言ではありませんから、それ自体は悪いことではありません。

しかし、求める快楽によっては、身を滅ぼす原因になるものもあります。
特に、刺激的な快楽になればなるほど注意が必要です。

飲酒や喫煙、食事による刺激であれば可愛いものですが、麻薬やギャンブル、異性問題など、刺激が強く、多量のドーパミンを分泌するような快楽にハマりすぎると、大抵の場合、不幸な結果が待っています。

快楽を求めることは悪いことではありませんが、刺激的な快楽の世界に染まってしまうのは危険です。

世の中はどんどん刺激的なものを求める方向に進んでいますが、それは「強い副作用を持つ劇薬でもある」ということを忘れないでください。

その反面、入浴という行為における快楽には、悪い影響が無くとても健全で心地よい行為ですし、しかも、当院でおすすめしている半身浴であれば、病気を改善したり予防する効果もあります。

こんなに健全で、心にも身体にも良い快楽を与えてくれるものはあまり無いでしょう。
私たち日本人が、お風呂をこよなく愛すのも当然だと思います。

結局、日本人は本当に湯船がすきなんだと思う

一人暮らし用のアパートなどに、トイレとお風呂が一緒になっているユニットバスがあります。

初めて見た時、言っちゃ悪いんですが、よくこんなに狭いところに、無理やり浴槽をねじ込んだな・・と思ってしまいました。

海外では、浴槽がない場所も多いようですが、日本人にとっては、それだけお風呂があることが重要なのでしょう。

世間的には湯船に入らない人が増えているのに、だからといって浴槽がどんどん淘汰されていくようなことは、今のところ起こりそうもありません。

需要が減っているのだから、理屈では浴槽が減っていってもいいように思うんですが、なかなかそうはならない。

ということは、これは理屈の問題じゃなく、もしかすると、日本人のアイデンティティの問題なのかもしれません。

なんていたって「極楽」って言っちゃうくらいですからね。
結局、私たちは湯船が大好きだし、ソウルフードみたいなものなのかもしれませんね。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す

    おそらく大抵の方は、湯たんぽ=寒い時期限定の健康器具だと思っているので…

  2. 身体や病気についての知識

    森三中、大島さんの妊娠と人工授精について

    鈴木おさむさんのブログで、仕事を休み、妊活中だった奥さんの大島さんが無…

  3. セルフケアについて

    足湯について

    「子育てや仕事で忙しく、なかなか半身浴の時間を取ることができない」…

  4. セルフケアについて

    完璧主義的に健康を求める人ほど不健康になる!?

    あるセミナーに出席したクライアントさん(以下Sさんとします)から、興味…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    おすすめの湯たんぽ「ファシー fashy」を使って婦人病をケアする方法
  2. セルフケアについて

    からだの深部の冷え
  3. セルフケアについて

    生理痛の救世主、ロキソニンの副作用(腸閉塞など)について。
  4. 身体や病気についての知識

    森三中、大島さんの妊娠と人工授精について
  5. セルフケアについて

    嗜好品(たばこやお酒、甘いものなど)を止めないと、病気は改善しないのか?
PAGE TOP