考え方を変えて固定観念を壊す

子宮腺筋症の痛みが激減し、子宮全摘出手術をしなくて済んだクライアントさんの話

当整体院には、子宮腺筋症という病気でお悩みのクライアントさんが沢山お越しになります。

子宮腺筋症は、婦人病の中でも症状が重いことで知られている病気で、症状が進行してしまった方の生理痛は、一説によると「陣痛に匹敵するレベル」にまでなると言われているほどです。

今回は、子宮腺筋症を改善し、子宮を摘出せずに済んだクライアントさんの話をしていきたいと思います。(以下、Tさんとします)

当整体院にお越しになる以前のTさんの症状は重く、一日に3錠~5錠の痛み止めを飲みながら、なんとかごまかしごまかし生活しているような状況でした。

しかし、一時的に痛みを抑えたとしても、症状が緩和するはずもありません。

だんだん薬の効果も薄れてきた頃、あまりの辛さに耐えきれず、Tさんは病院に駆け込み、医師に相談しました。

結論は「子宮を全摘出するしかない」というものでした。

すぐにでも「苦痛から解放されたい!」という気持ちはありながらも、同時に「子宮を失いたくない!」と思ったTさんは、子宮を温存したまま、生理痛を緩和する方法が存在しないか調べることにしました。

女性が子宮を失いたくないと思うのは至極まっとうな感覚ですからね。
嫌なものは嫌なんだ!と、どうにか他の方法を探そうとした行動力が、結果的に未来を変えることになりました。

Tさんは当整体院のホームページを見つけ、来院されたんです。

婦人病は、東洋医学の得意分野

定期的に施術を受けながら、一生懸命セルフケアに取り組み、現在は、生理時の激痛はほとんど消え、趣味の旅行を気兼ねなく楽しめるほどに改善しました。

意外かもしれませんが、激しい痛みに苦しみ、医師から子宮を全摘するしかないと言われていたTさんの身体を初めて施術した時、私が直感的に感じたことは、

「全く絶望するような状況ではない」ということでした。

しかも、大雑把な見立てでは、3ヶ月~4ヶ月もあれば、生理痛は格段にラクになるだろうと予想していたくらいです。
(結果的には4ヶ月ほどで、ある程度、症状が改善したと記憶しています。)

西洋医学的には「子宮全摘出」
東洋医学的には「症状緩和まで3ヶ月~4ヶ月」

このような見立ての差が生まれるのは、やはり「得意分野の違い」としか言いようがないように思います。

(個人的には、原因が分からない不定愁訴や、婦人病、あらゆる慢性症状は東洋医学の得意分野。ケガに対する外科的な処置や、どうしても我慢できない痛みや不快感を、一時的に抑えたい場合などの処置は、西洋医学の得意分野だと考えています。)

もちろん、全てのクライアントさんがこの例のように、順調に緩和するとは限りません。

しかし、「西洋医学にも東洋医学にも、それぞれ得意分野がある」ということは、知っておいて損はないと思います。

〇関連記事

子宮腺筋症について

※こちらでご紹介したクライアントさんの体験談は個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものでない事をご理解下さい。
施術の効果には個人差があります。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの施術家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

仕事、家事、育児などで
毎日働きづめだったあなたへ


そろそろ、自分を後回しにするのはやめて
 あなた自身の心と身体をケアしてみませんか?

子宮や卵巣の病気
女性ホルモンや自律神経の乱れからくる不定愁訴などを
できるだけ手術や薬に頼らずに緩和したい方におすすめの整体院
女性のライフスタイルをサポートする整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    生理の量が多いことが原因で、再就職先の内定を断った患者さんの話

    あるクライアント(以下Kさんとします)さんが、せっかく受かった再就職先…

  2. 身体や病気についての知識

    森三中、大島さんの妊娠と人工授精について

    鈴木おさむさんのブログで、仕事を休み、妊活中だった奥さんの大島さんが無…

  3. 身体や病気についての知識

    なぜ、天気が悪くなると、古傷(神経痛)が痛むのか?

    なぜ、天気が悪くなると、古傷(神経痛)が痛むのか?そのメカニズムに…

  4. 身体や病気についての知識

    妊活(不妊治療)に専念するために、仕事を休業するという選択について

    もうだいぶ前の話になりますが、お笑い芸人の森三中の大島さんが妊活という…

  5. セルフケアについて

    「冷えは万病の元」と言われる理由

    「冷えは万病の元」という言葉は、今や一般的なものになっており、身体が冷…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    暑い夏でも、快適に冷えとり(半身浴)を実践するコツ
  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    仲が良い夫婦や恋人=一緒に寝ているという幻想
  3. セルフケアについて

    冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ
  4. セルフケアについて

    投資としてのセルフケア。「死ねなくなる時代」をより良く生き抜くために
  5. セルフケアについて

    生理痛の救世主、ロキソニンの副作用(腸閉塞など)について。
PAGE TOP