考え方を変えて固定観念を壊す

医師の対応に傷つく患者が多い理由とは。西洋医学は心をどう捉えているのか

西洋医学は、病気の原因を物質的なものとして捉え、発展した医学です。

例えば、感染症の原因は、身体の中に侵入した細菌によるもの、あらゆる疾患は細胞組織が、なんらかの理由で病変してしまったことで起こるものといった風に、病気の原因とは、基本的に「実体を持った物質」であると考えます。

そのため、風邪でのどが痛ければ、ウィルスを抗生物質でやっつけましょう。
身体の中に腫瘍ができたなら、手術で切除しましょう。
機能が低下した臓器は、移植して取り換えましょう。
など、異物を切除し、取り換えれば病気は治るという、いわゆる対症療法的な治療法が生まれました。

当院には「病院の先生は、まったく話を聞いてくれない!」「流れ作業みたいに機械的な応対だった・・」などと、医師の態度に幻滅してしまった・・という方が沢山いらっしゃいます。

しかし、西洋医学は初めから、病気の原因を物質に限定しています。

要するに、そもそも「心のように物質ではないものは、最初から相手にしていない」わけです。

ですから、クライアントの話をじっくり聞かない医師が多いのも仕方ないことなのです。

西洋医学が人の心をどう捉えているのかがよく分かる例

西洋医学が、クライアントの精神面を軽視していることが分かる例があります。

これは一般的にはあまり知られていないことかもしれませんが、医師たちの世界(ヒエラルキー)では、精神科の医師は気の毒にも、かなり低く見られているそうです。
(ちなみにこれは、医療関係者の方から伺った話です)

西洋医学とは、そもそも病気の原因は物理的な存在であるという前提の上に成り立っている体系ですから、曖昧で目に見えない心を治療の対象にしている精神科の医師は、異端児ように映るのかもしれません。

ということで、もし自分には精神的なケアも必要だとあなたが感じているのだとすれば、それを病院に求めるのは諦めたほうがいいと思います。

やはり、それは「心の問題が病気の原因になる」ということを想定し、対応してくれる分野のプロに頼るべきでしょう。

中には、あらゆる病気と精神的な問題が関係していることに感覚的に気付いており、クライアントに対しても、できるだけ親切に対応する医師も存在します。

しかし、それはあくまでも少数派で、原理的に西洋医学は、数値化でき、目に見える物質を対象にする医療であることを知っておいて損はないと思います。

とはいえ、西洋医学が、クライアントの精神面にあまり配慮しないからといって、それを否定するのはおかしな話です。

単純に、東洋医学とは前提条件、または価値観が違うだけですから、身体をメインに病気を診ようが、心をメインに診ようが、どちらも、病気を改善させたいというスタンスは同じですからね。

クライアントさんは、自分の価値観に合った治療を選択すればいいだけです。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 考え方を変えて固定観念を壊す

    婦人病の患部を手術で摘出したとしても、健康な身体に戻るわけではない

    ※当院にお越しになるクライアントさんは、婦人病の手術後、再発を恐れてい…

  2. セルフケアについて

    8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?

    自分はあまり眠れていないのでないか・・と悩む方は少なくありません。…

  3. 身体や病気についての知識

    梅雨の時期の体調不良と自律神経の関係

    梅雨の時期になると、だるさ、手足の冷え、頭痛、肩こり、腹痛、頭痛、めま…

  4. 身体や病気についての知識

    セカンドオピニオンについて。ある患者さんの驚きの体験

    これまで、婦人科系の症状でお悩みのクライアントさんから、さまざまなお話…

  5. 身体や病気についての知識

    夏は膀胱炎になりやすい!?

    膀胱炎は多くの女性が悩んでいる疾患です。女性の尿道が男性に…

最近の記事

  1. 身体や病気についての知識

    高齢の方の眠りが浅いのは当り前なので悩む必要はありません
  2. 身体や病気についての知識

    子宮筋腫、内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫の手術をする前に検討すべきこと
  3. セルフケアについて

    セルフケアを失敗しないためのコツ
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    医療産業も商売であることに変わりはない
  5. セルフケアについて

    湯船に入った時の「あ~極楽」というリアクションと、日本人のアイデンティティについ…
PAGE TOP