身体や病気についての知識

高齢の方の眠りが浅いのは当り前なので悩む必要はありません

高齢者の方の中には、眠りが浅いことで悩んでいる方も少なくありません。

高齢者の方が身内にいるクライアントさんも多いと思いますから、今回の記事の内容を教えてあげてください。

一般的に高齢者は、若年者に比べ早寝早起きになります。

それに、若年者よりも深い睡眠は少なく、中途覚醒が多いという傾向もあります。
つまり、実際、「眠りが浅い」わけです。

若い人は、基礎代謝も高く、沢山エネルギーを使っているので、それだけ長い睡眠が必要になります。

しかし、高齢者は、赤ちゃんに比べて体重辺りのエネルギー消耗量が3分の1くらいだと言われていますから、そこまで長く眠る必要もないのです。

具体的には、70代になると、6時間程度しか眠らなくなる方が多いようです。
(必要な平均睡眠時間の参考。70歳を超えると、5、90時間。60歳6、20時間。70歳5、90時間。80歳5、52時間。個人差もありますのであくまでも目安です)

しかし、世間的には8時間睡眠が理想だと考える誤った風潮があるために、高齢者の方の中にも、「自分は8時間眠ることができないから、眠りが浅いのではないか」と、悩んでいる方が少なくありません。

そのため、眠れないのに、無理やり布団の中で長時間過ごす方もいます。
眠れないのに、布団でじっとしているのは「かなりの苦痛」でしょう。

ですから、もしそのようなお悩みを持っている高齢者の方が周囲にいるようであれば、そもそも、「8時間睡眠が理想という話が嘘であること」「高齢者の眠りは浅くても問題ないこと」を教えてあげてください。

※今回の記事を書く上で以下の書籍を参考にさせていただきました。

8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの施術家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

仕事、家事、育児などで
毎日働きづめだったあなたへ


そろそろ、自分を後回しにするのはやめて
 あなた自身の心と身体をケアしてみませんか?

子宮や卵巣の病気
女性ホルモンや自律神経の乱れからくる不定愁訴などを
できるだけ手術や薬に頼らずに緩和したい方におすすめの整体院
女性のライフスタイルをサポートする整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    生理の量が多いことが原因で、再就職先の内定を断った患者さんの話

    あるクライアント(以下Kさんとします)さんが、せっかく受かった再就職先…

  2. 身体や病気についての知識

    春先に現れる「だるさ、眠さ、疲れやすさ」の理由とは

    春先になるとよく現れる症状として、「だるさ、眠気、疲れやすさ」などがあ…

  3. セルフケアについて

    子宮や卵巣が冷えに弱い理由・婦人病対策として温めることが有効な理由

    当整体院のクライアントさんにはある程度お伝えしている話ではありますが、…

  4. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法は日本人の価値観と相性がいい

    古くから語り継がれている「頭寒足熱」という言葉があります。心を穏や…

  5. 身体や病気についての知識

    森三中、大島さんの妊娠と人工授精について

    鈴木おさむさんのブログで、仕事を休み、妊活中だった奥さんの大島さんが無…

最近の記事

  1. 身体や病気についての知識

    子宮筋腫、内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫の手術をする前に検討すべきこと
  2. 身体や病気についての知識

    梅雨の時期の体調不良と自律神経の関係
  3. 身体や病気についての知識

    森三中、大島さんの妊娠と人工授精について
  4. セルフケアについて

    完璧主義的に健康を求める人ほど不健康になる!?
  5. セルフケアについて

    湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す
PAGE TOP