セルフケアについて

8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?

自分はあまり眠れていないのでないか・・と悩む方は少なくありません。

一般的に、理想の睡眠時間をなぜか8時間だと思っている方が多いようですが、8時間という数字には、実はなんの根拠もないそうです。

欧米の5歳から102歳までの3000人以上を対象に、脳波を測定して得た信頼できるデータによると、歳をとるとともに、どんどん必要な平均睡眠時間は減少していきます。
(以下の数値は、個人差もありますので、あくまでも平均的な目安と考えてください)

15歳の時には7、74時間と、すでに8時間睡眠は必要なく、30歳の時には、6、85時間。
70歳を超えると、5、90時間と、6時間を下回ります。
(参考までに。40歳6、46時間。50歳6、34時間。60歳6、20時間。80歳5、52時間)

8時間という睡眠時間は、働き盛りの30代から50代の年齢層からしても、明らかに長過ぎると言えます。

これはあくまでも平均値としてのデータですが、この平均値に、さらにややこしい「個人差」が入ってくるのですから、理想の睡眠時間というものは、相当個人差が大きい、曖昧なものだと考えた方が良いということでしょう。

繰り返しになりますが、8時間睡眠が理想という話は誤りです。

そして、上記の平均睡眠時間に関しても、実際のところ、短い人は3時間前後、長い人は11時間以上と、相当個人差がありますから、あまり神経質にならないようにしましょう。

要するに、理想の睡眠時間は「それぞれ違う」ということですから、周囲の人と比較して、自分が少数派だったとしても気にする必要はないということです。

※今回の記事を書く上で以下の書籍を参考にさせていただきました。

8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの施術家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

仕事、家事、育児などで
毎日働きづめだったあなたへ


そろそろ、自分を後回しにするのはやめて
 あなた自身の心と身体をケアしてみませんか?

子宮や卵巣の病気
女性ホルモンや自律神経の乱れからくる不定愁訴などを
できるだけ手術や薬に頼らずに緩和したい方におすすめの整体院
女性のライフスタイルをサポートする整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    「冷えは万病の元」と言われる理由

    「冷えは万病の元」という言葉は、今や一般的なものになっており、身体が冷…

  2. セルフケアについて

    半身浴や湯たんぽと併用することで相乗効果を生む冷えとりアイテム

    半身浴や湯たんぽと併用することで、効率的に冷えを改善できるおすすめの方…

  3. セルフケアについて

    冷房で体調を崩しがちなあなたへ。夏場だけでも夫婦別々に寝てみては?

    夏場にエアコンのせいで体調を崩されるクライアントさんは少なくありません…

  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    仲が良い夫婦や恋人=一緒に寝ているという幻想

    夫や恋人と一緒に寝ることがストレスになっていませんか?という記事のつづ…

  5. セルフケアについて

    妊婦さんの恥骨痛やむくみの改善には半身浴がおすすめ

    以前、あるクライアントさんからいただいたメールをキッカケに、身体を温め…

  6. セルフケアについて

    薬との付き合い方について。極端に薬を嫌う必要はない

    「薬は絶対に飲まない」というこだわりを持っている方がたまにいらっしゃい…

最近の記事

  1. 考え方を変えて固定観念を壊す

    医師の対応に傷つく患者が多い理由とは。西洋医学は心をどう捉えているのか
  2. セルフケアについて

    パニック障害と下半身の冷えの関係。下半身の冷えが精神状態を左右している!?
  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気だからといって、人生を楽しむことを諦める必要はない=楽しめないことを病気のせ…
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    不妊でお悩みの方へ。なかなか妊娠しないのは、もしかすると極めて単純な「ある原因」…
  5. セルフケアについて

    からだの深部の冷え
PAGE TOP