考え方を変えて固定観念を壊す

仲が良い夫婦や恋人=一緒に寝ているという幻想

夫や恋人と一緒に寝ることがストレスになっていませんか?という記事のつづきです。

これだけライフスタイルが多様化している世の中で、パートナーと一緒に寝ることが当たり前だと思っている方が、結構多いことに私は違和感を持ってきました。

「嫁さんと寝室は別々だよ」と友人に話した時に、驚かれたことも何度かあります。

一緒に寝ることを当たり前だと思うのは自由なんですが、それを当り前だと思わないことも、同じように自由だと私は思うんですけどね。

極端な人だと「一緒に寝ないなんて夫婦としておかしい」とか「夫婦仲が、うまくいっていないんじゃないか」とか、なんの根拠もない意見をぶつけてくる場合もあるようですから、なんとも性質が悪いと思います・・

日本人は良い意味でも悪い意味でも和を重んじますから、みんなと違うことをしていると叩かれる傾向があります。

それは文化的に仕方ないことかもしれませんが、はっきり言って時代錯誤だよな・・と思ってしまいます。

そういった風潮があるせいで、一緒に寝ていないことを言いだしにくい夫婦もいるようです。

あるクライアントさんは、余計な詮索をされるのが面倒だから言いづらいと話されていました。

たしかに、一般的に、一緒に寝ること=愛情の形というイメージはあるようですが、一緒に寝ている夫婦の方が仲が良いなんて話は明らかに幻想です。

一緒に寝るくらいで愛情が深まるなら、こんなにあちらこちらで離婚しないでしょうし・・

私は、愛情ある関係とはおそらく、お互いが「尊重し合う関係」のことではないかと考えています。

一方的に自分のエゴを押し付けるのではなく、できるだけ相手の意見を尊重し幸福を願う姿勢が、愛情の本質ではないかと思うんです。

もしこの考えがそれなりに正しいのだとすれば、お互いの価値観を尊重して、別々に寝ることを選択した夫婦は、むしろ愛情深い関係と考えることもできるのではないでしょうか。

不安を抱えていたり、親から愛された実感が少ない方ほど、愛情というものを目に見える形ではっきりと自覚したいという欲望が強くなる傾向があります。

そういう意味では、一緒に寝るという行為は、愛情を象徴する形として分かりやすいので、それを望む方が多いのも理解できます。

しかし、それはあくまでも形式的な愛情であって、見せかけに過ぎないかもしれません・・・

当り前ですが、一緒に寝ていても愛情がない少ない場合もあれば、別々に寝ていても、愛情が深い場合はあるのです。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの施術家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

仕事、家事、育児などで
毎日働きづめだったあなたへ


そろそろ、自分を後回しにするのはやめて
 あなた自身の心と身体をケアしてみませんか?

子宮や卵巣の病気
女性ホルモンや自律神経の乱れからくる不定愁訴などを
できるだけ手術や薬に頼らずに緩和したい方におすすめの整体院
女性のライフスタイルをサポートする整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法は日本人の価値観と相性がいい

    古くから語り継がれている「頭寒足熱」という言葉があります。心を穏や…

  2. セルフケアについて

    薬との付き合い方について。極端に薬を嫌う必要はない

    「薬は絶対に飲まない」というこだわりを持っている方がたまにいらっしゃい…

  3. セルフケアについて

    半身浴は、その日に受けたネガティブな影響をリセットするための儀式にもなる

    ※前回、水の感触を利用したネガティブなエネルギーの浄化法。「嫌なことは…

  4. セルフケアについて

    完璧主義的に健康を求める人ほど不健康になる!?

    あるセミナーに出席したクライアントさん(以下Sさんとします)から、興味…

  5. セルフケアについて

    美容のためには22時くらいに寝たほうがいいという話の信憑性と、日中の昼寝について

    自宅にいる時間が長い方の中には、昼寝などの「こま切れ睡眠」をとっている…

  6. 考え方を変えて固定観念を壊す

    子宮腺筋症の痛みが激減し、子宮全摘出手術をしなくて済んだクライアントさんの話

    当整体院には、子宮腺筋症という病気でお悩みのクライアントさんが沢山お越…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    簡単な食生活の見直し方
  2. セルフケアについて

    パニック障害と下半身の冷えの関係。下半身の冷えが精神状態を左右している!?
  3. セルフケアについて

    湯たんぽ(ファシー)のお湯の温度を簡単に調整する方法、お湯の量について
  4. セルフケアについて

    忙しい人におすすめ。家事をしながら湯たんぽで身体を温める方法
  5. セルフケアについて

    湯たんぽのススメ・子宮や卵巣を温め婦人病を改善したい方におすすめ
PAGE TOP