考え方を変えて固定観念を壊す

病気を改善したい=これまでの生き方を変えたいと思っている人に予め知ってほしいこと

病気を改善しようとして、これまでさまざまな治療法や健康法を試してみたけれど、なかなかモチベーションを保てなかった・・という方は少なくありませんが、もしかするとそれは「脳の過剰反応」のせいかもしれません。

脳が何に対して過剰に反応するかというと、それはあらゆる「変化」に対してです。

人間の脳には「現状を維持しようとする性質」が備わっているため、あらゆる変化を嫌う傾向があるのです。

私たちの脳は、安全で傷つかない世界を求めている

なぜ、現状を維持しようとするのかというと、現状のままの方が「安全で安心」だと、脳が認識するためです。

変わるということは、未知の領域に足を踏み入れるということです。

変化した後が現状よりも悪い状態に陥る可能性もあるため、リスクを避けるべく、なるべく現状を維持しようとするわけです。

私たちの脳が変化に敏感になった原因は、一説には、私たちの祖先が、猛獣や毒のある動物などの外敵に対応するためではないかとされています。

例えば、まったく動かないものと、動くもの、つまり、変化するものと、変化しないものでは、後者の方が襲ってくる危険性が高いということで、未然に危険を回避するためにあらゆる変化に敏感になったのでは?
という理屈のようです。

新しい世界に飛び込んだ当初は、誰だって苦痛を感じるもの

前述した通り、私たちの脳は変化を嫌います。

そのため、自分を変えようとすると、なんらかの拒否反応が起こることが普通です。

例えば「この方法は自分には合ってないのではないか?」「他にもっと優れた方法があるのではないか?」といった、もっともらしい理由が心に浮かんだり、場合によっては、体調が悪くなったりと、さまざまな反応として現れます。

要するに、新しいことを始めると(変化を起こすと)私たちの脳や無意識は、あの手この手の方法で、「前の状態に戻ろうとする」わけです。

ダイエットを始めた時や、症状を改善するためにセルフケアを始めた時なども、程度の差はあれ「逃げ出したい!」「面倒くさい!」といった拒否反応は誰にでも起こるものです。

ですから、「そもそもチャレンジと苦痛はセットになっているもの」であることを予め知識として知っておくことが大切だと思います。

そうすれば、実際、拒否反応が出た時も「辛いのは最初だけだから、もう少し頑張ってみよう」と踏ん張れるかもしれませんからね。

とにかく、最低でも3か月くらいは努力してみると覚悟を決め、とりあえず取り組んでみてはいかがでしょうか。

その結果、だんだん慣れてくるようなら継続すればいいですし、どうしても合わないと感じたならきっぱりやめれば良いと思います。

なんにせよ、合うか合わないかを判断するにも、ある程度、真剣に取り組む期間は必要ですから、最低3カ月程度を目安として取り組んでみることをおすすめします。

それでは最後に、まとめのメッセージです。

自分を変えたいと思い行動を起こした当初は、おそらくあなたの心や身体には、拒否反応が出るはずです。

しかし、その拒否反応は、「現状を維持しようとする脳の過剰な反応」であることを忘れないでください。

その時期を乗り越えしばらく継続していくと、そのうち「慣れ(脳が適応した状態)」が必ず訪れます。

そこまで努力して初めて、病気が改善したり、生き方が変わってくるといった「ご褒美」が待っています。

つまり、あなたがご褒美を獲得できるかどうかは、「脳の拒否反応を乗り越えられるかどうか」にかかっているということです。

なかなか大変だとは思いますが、最初の一歩を乗り越えられれば、あらゆることは変化していくはずです。

まずは一歩。
前に踏み出してみましょう。

ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 身体や病気についての知識

    子宮筋腫、内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫の手術をする前に検討すべきこと

    前回の記事で、手術は根本的な解決にはならないと書きました。…

  2. 身体や病気についての知識

    セカンドオピニオンについて。ある患者さんの驚きの体験

    これまで、婦人科系の症状でお悩みの患者さんから、さまざまなお話を伺って…

  3. セルフケアについて

    「冷えは万病の元」と言われる理由

    「冷えは万病の元」という言葉は、今や一般的なものになっており、身体が冷…

  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    医療産業も商売であることに変わりはない

    世の中には、病院と医者を美化し過ぎている人が少なくないように思います。…

  5. 身体や病気についての知識

    森三中、大島さんの妊娠と人工授精について

    鈴木おさむさんのブログで、仕事を休み、妊活中だった奥さんの大島さんが無…

  6. セルフケアについて

    身体を冷やすことに神経質になり過ぎて、冷房(エアコン)を使うことを躊躇してしまう方へ

    冷えとり健康法に、極端にハマりこんでしまっている方の中には、身体を冷や…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    冷えとり靴下の重ね履きについて
  2. セルフケアについて

    パニック障害と下半身の冷えの関係。下半身の冷えが精神状態を左右している!?
  3. セルフケアについて

    簡単な食生活の見直し方
  4. セルフケアについて

    妊婦さんの恥骨痛やむくみの改善には半身浴がおすすめ
  5. セルフケアについて

    身体を冷やすことに神経質になり過ぎて、冷房(エアコン)を使うことを躊躇してしまう…
PAGE TOP