考え方を変えて固定観念を壊す

病気だからといって、人生を楽しむことを諦める必要はない=楽しめないことを病気のせいにしてはいけない

チョコレートのう腫でお悩みだった患者さんからメールをいただきました。
病気を改善させる上でとても大切なことが書かれてましたので、ご紹介します。

先日はどうもありがとうございました。

緊張して伺ったのですが、すぐにリラックスして
安心して施術を受けることができました。
身体がポワポワと温かく軽くなりました。

自宅で軽いストレッチをしましたら
息が良く吸える感じがして驚きました。
酸素不足のお話をお聞きしたので
できる時には深い呼吸を心がけています。

子宮内膜症が良くなり、チョコレートのう腫が
無くなることが一番の希望です。

ですが、今までこのことをひとりで考え続けていた
ので「病気の私」がいつも心の中心にあったように
思います。

言いかえれば、病気であることを理由に
生活をたのしむことを諦めていたように思います。

以下省略

>言いかえれば、病気であることを理由に
生活をたのしむことを諦めていたように思います。

自分は病気なのだから、生活が充実していないのは当然・・
だと考えてしまう方は少なくありません。

しかし、よくよく世の中を見渡してみると、健康でも生活が充実していない人もいれば、病気でも生活が充実している人もいます。

つまり、健康状態と、生活が充実しているかどうかは、必ずしも関連している訳ではないのです。
(もちろん、健康でいる方が生活が充実する可能性は高くなりますが、絶対条件ではありません)

自分の生活、大げさに言えば人生が充実していない理由を、病気のせいにしてしまい、その居心地の良さに慣れてしまうと、病気から抜け出すことが難しくなります。

なぜなら、病気が治ってしまうと、自分の人生が充実していない理由(言い訳)が無くなってしまうからです。

私たち人間は変化を嫌いますから、努力して現状を変えるよりは、多少辛くても、現状のままでいることを「無意識的に望んでしまう」場合が少なくありません。

すると不思議なことに、私たちの脳は、その潜在的な願望を現象化させ、病気が治らないように身体に働きかけようとするのです。

病気が辛いのは分かりますが、「病気が治ったらチャレンジする」と言って行動しないタイプの人は、私の経験上、残念ながら非常に治りづらい・・

ですから、Tさんのように勇気を持って病気の自分と向き合い、できることからどんどんチャレンジしていくことが大切だと思います。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 身体や病気についての知識

    梅雨の時期の体調不良と自律神経の関係

    梅雨の時期になると、だるさ、手足の冷え、頭痛、肩こり、腹痛、頭痛、めま…

  2. セルフケアについて

    8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?

    自分はあまり眠れていないのでないか・・と悩む方は少なくありません。…

  3. セルフケアについて

    嗜好品(たばこやお酒、甘いものなど)を止めないと、病気は改善しないのか?

    「症状を改善したい」とは思いつつも、たばこやお酒、甘いものなどの嗜好品…

  4. 身体や病気についての知識

    妊活(不妊治療)に専念するために、仕事を休業するという選択について

    もうだいぶ前の話になりますが、お笑い芸人の森三中の大島さんが妊活という…

  5. 身体や病気についての知識

    セカンドオピニオンについて。ある患者さんの驚きの体験

    これまで、婦人科系の症状でお悩みの患者さんから、さまざまなお話を伺って…

  6. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法は日本人の価値観と相性がいい

    古くから語り継がれている「頭寒足熱」という言葉があります。心を穏や…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    美容のためには22時くらいに寝たほうがいいという話の信憑性と、日中の昼寝について…
  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    母性本能という幻想。母性という言葉に振り回されている女性は少なくないと思う
  3. セルフケアについて

    身体を冷やすことに神経質になり過ぎて、冷房(エアコン)を使うことを躊躇してしまう…
  4. セルフケアについて

    「冷えは万病の元」と言われる理由
  5. セルフケアについて

    頭熱(のぼせ)状態が慢性化すると、なぜ危険なのか?
PAGE TOP