身体や病気についての知識

生理痛は身体からの警告かもしれない!?

当院の施術を受け、セルフケアを実践してもらえば、大抵の生理痛は緩和していきますが、たまにクライアントさんの生理痛がぶり返すことがあります。

そういった生理痛が現れたクライアントさんに心当たりを聞いてみると、共通点があることが分かってきました。
それは、「クライアントさんのライススタイルが乱れていた時期に生理痛がひどくなるケースがとても多かった」のです。

食生活が乱れていたり、仕事やプライベートのストレスが許容範囲を超えていたりと、理由はいろいろと考えられますが、どうやら、そういった問題が重なってしまった月の生理痛は、普段よりも重くなる傾向があるようです。

つまり、健全でストレスが少ない生活を送っていれば、生理の痛みもラクであることが多く、反対に、心身に負担がかかるような生活をしていれば、生理痛も重くなる傾向があるということです。

そういった意味では、生理痛とは生理痛は、心と身体にどれだけ負担をかけたのかを測る「通知表」のような側面があるのかもしれません。

そしてそれは、「ライフスタイルに問題がありますよ!」という、身体からの警告とも捉えることができます。

生理痛がいつもより辛い時は、生活態度を振り返ってみてください。

おそらく、仕事が多忙だった。セルフケアがなかなかできなかった。寝不足だった。食生活が乱れていた。ストレスがきつかったなど、なんらかの問題点があったはずです。

ですから、生理痛があったとしても、過剰に心配する必要はありません。

「ああ、たしかに今月は問題があったかな」と、冷静に振り返り、改善できる点があれば改善すれば良いだけです。

筋肉を酷使し過ぎた結果、筋肉痛になったとして、それで焦る人はほとんどいませんよね。
それは、「そうなるのが当たり前だと知っているから」です。

生理痛だった同じようなものです。

私たちは、なぜそうなるのか?というメカニズムを知っていれば、基本的に余計な心配をせずに済むものです。

ですから生理痛が、その月、どのような生活を送ってきたかという、通知表的な側面を持っていることを知っていれば、余計な心配をせずに済むのではないでしょうか?

なお、生活が乱れていても、生理痛が無い方もいますから、生理痛がないこと=生活が乱れていないということではありません。
(こういった方は、生理痛が無くても、大抵、他の症状が出ているはずですが)

また、大抵の生理痛は、生活を見直すだけでもかなり改善しますが、子宮や卵巣の病気など、器質的な問題が関係している場合は、それだけでは改善が難しいケースもあります。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 身体や病気についての知識

    梅雨の時期の体調不良と自律神経の関係

    梅雨の時期になると、だるさ、手足の冷え、頭痛、肩こり、腹痛、頭痛、めま…

  2. セルフケアについて

    美容のためには22時くらいに寝たほうがいいという話の信憑性と、日中の昼寝について

    自宅にいる時間が長い方の中には、昼寝などの「こま切れ睡眠」をとっている…

  3. セルフケアについて

    生理の量が多いことが原因で、再就職先の内定を断った患者さんの話

    あるクライアント(以下Kさんとします)さんが、せっかく受かった再就職先…

  4. セルフケアについて

    「冷えは万病の元」と言われる理由

    「冷えは万病の元」という言葉は、今や一般的なものになっており、身体が冷…

  5. セルフケアについて

    パニック障害と下半身の冷えの関係。下半身の冷えが精神状態を左右している!?

    先日、パニック障害の症状改善のために治療を受けているクライアントさん(…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    頭熱(のぼせ)状態が慢性化すると、なぜ危険なのか?
  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    夫や恋人と一緒に寝ることがストレスになっていませんか?
  3. セルフケアについて

    8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?
  4. セルフケアについて

    ファシーの湯たんぽを2つ使って骨盤を挟みながら冷えを取る、本当に効果的な婦人病対…
  5. 身体や病気についての知識

    森三中、大島さんの妊娠と人工授精について
PAGE TOP