考え方を変えて固定観念を壊す

症状と執着の関係。3年近く悩んだ皮膚病が、突然治ったキッカケとは?

当院にお越しになっている、ある患者さんから興味深いお話しを伺いました。

二十代のころ、突然、顔中に吹き出物が出てしまい、何をやっても治らなかった時期が3年ほどつづいたそうです。

その3年間は本当に地獄のような日々だったと言います。

それ以前は何も問題が無かった、石鹸やシャンプー、コンディショナー、化粧品など、あらゆる薬剤に対する拒否反応が突然現れ、仕方なく「塩」で身体や頭を洗っていたそうです。

二十代の女性にとって、顔中に吹き出物が出るということは、相当のストレスなるはずです。

しかも「3年」近くですからね。

たまったものではありません・・

当時、その症状を治すために、ありとあらゆる治療を試したそうですが、結局、何をしても治らなかったそうです。

しかし、突然その症状がピタッと治ってしまったと言います。

そのエピソードがとても興味深いんです。

ある日、3年近くも症状に悩んできた自分がとても嫌になり、突然「何としてもパーマをかけてやる!」と思いたったそうです。

あらゆる薬剤に拒否反応を起こしてしまう体質になっていた時期ですから、これはある意味、無謀な行為だと言えます。

強い拒否反応が出れば、顔にどんな影響が出るか分からないわけですから・・

しかし、この患者さんは、「ずっと症状に縛られるのはこりごりだ!」「吹き出物があろうと、もう別に構わない!」と、開き直ったような、またはあきらめたような、そんな不思議な感情が湧き、美容院に行ったそうです。

その結果どうなったか。

なんと、顔の症状はピタッと治ってしまったそうです。

不思議ですよね。

しかし、こういうことはたまにあるんです。

実は、私自身も経験したことがありますし、(詳しくは、まさかの二度目、声が出ない日々)をご覧ください)患者さんの中にも、似たような経験をした方がいます。

そして、そういう方の多くは、私を含めみんな「精神面な問題が病気の主な原因になっている方」で、更に具体的な問題点を挙げると「過剰に病気を治そうとしている人=病気に縛られている人」たちでした。

仏教には、執着心を捨てるとあらゆる苦しみから救われるという重要な教えがありますが、たしかに、過度な執着は、心身に大きなダメージを与えるのかもしれませんね。

〇関連記事

病気を治そうと焦るほど、治りづらくなる理由

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ

    半身浴や湯たんぽを使って身体を温め続けていても、冬になると、手先や足先…

  2. セルフケアについて

    毎日やっていることを少しだけ変えていくと、心と身体がラクになる

    興味深い記事を見つけたので、シェアしたいと思います。記事はこちら→…

  3. セルフケアについて

    水を大量に飲む健康法のリスク・ちょうどいい水分摂取量について

    便秘解消やダイエットのため、老廃物を排出し健康になるために水を大量に飲…

  4. セルフケアについて

    薬との付き合い方について。極端に薬を嫌う必要はない

    「薬は絶対に飲まない」というこだわりを持っている方がたまにいらっしゃい…

  5. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法は日本人の価値観と相性がいい

    古くから語り継がれている「頭寒足熱」という言葉があります。心を穏や…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    半身浴は、その日に受けたネガティブな影響をリセットするための儀式にもなる
  2. セルフケアについて

    生理の量が多いことが原因で、再就職先の内定を断った患者さんの話
  3. セルフケアについて

    ファシーの湯たんぽを2つ使って骨盤を挟みながら冷えを取る、本当に効果的な婦人病対…
  4. 身体や病気についての知識

    自分が、外的環境から大きな影響を受けていることを素直に認めると、生きやすくなる
  5. セルフケアについて

    私が半身浴と湯たんぽを、最高に優れた健康法だと思う理由
PAGE TOP