身体や病気についての知識

夏は膀胱炎になりやすい!?

膀胱炎は多くの女性が悩んでいる疾患です。

女性の尿道が男性に比べて短いこと、尿道と膣や肛門との距離が近いことなど、細菌が膀胱に侵入しやすい体の構造になっていることなどが、女性が膀胱炎になりやすい理由として挙げられます。

また、性行為によって尿道が傷くことで、細菌が膀胱に侵入してしまうこともあります。

基本的に、膀胱炎を引き起こす細菌は、特に病原性が高いタイプの危険なものではなく、仮に尿道から侵入しても、健康な状態であれば排尿によって洗い流されたり、感染を防ぐ膀胱の働きで、ほとんど発症することはありません。

しかし、水分を十分に補給しなかったり、トイレを我慢し続けたりして、排尿の量や回数が減ってしまうと、その間に細菌が尿道から膀胱に入り、増殖し、膀胱炎になる可能性が高くなります。

では、そろそろ本題へ。

では、なぜ、夏は膀胱炎になりやすいのか?

理由1

夏の厳しい暑さで汗をかきやすくなるので、体内の水分が失われやすくなる。
そのせいで、排尿の量が少なくなり、膀胱炎になりやすくなる。

理由2

長い間、エアコンが効いた室内にいると、自律神経の乱れから免疫力が低下してしまうことがある。
すると、膀胱内で細菌が増殖しやすくなってしまう。

このような理由から、夏は膀胱炎になりやすい時期といえますので、十分ご注意ください。

ケアの方法としては、身体の冷えと取り、免疫力を高める頭寒足熱・冷えとり療法がおすすめです。

改善のスピードが飛躍的に上がりますし、抗生剤を飲みたくないという方は、是非取り組んでみてください。

〇関連記事
急性膀胱炎について
慢性膀胱炎について

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    薬との付き合い方について。極端に薬を嫌う必要はない

    「薬は絶対に飲まない」というこだわりを持っている方がたまにいらっしゃい…

  2. セルフケアについて

    生理痛の救世主、ロキソニンの副作用(腸閉塞など)について。

    「ロキソニンに重大な副作用がある」というテレビ番組の特集を観ました。(…

  3. 身体や病気についての知識

    梅雨の時期の体調不良と自律神経の関係

    梅雨の時期になると、だるさ、手足の冷え、頭痛、肩こり、腹痛、頭痛、めま…

  4. 身体や病気についての知識

    妊活(不妊治療)に専念するために、仕事を休業するという選択について

    もうだいぶ前の話になりますが、お笑い芸人の森三中の大島さんが妊活という…

  5. 考え方を変えて固定観念を壊す

    医療産業も商売であることに変わりはない

    世の中には、病院と医者を美化し過ぎている人が少なくないように思います。…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    湯たんぽのススメ・子宮や卵巣を温め婦人病を改善したい方におすすめ
  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気を治そうと焦るほど、治りづらくなる理由
  3. 身体や病気についての知識

    梅雨の時期の体調不良と自律神経の関係
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    仲が良い夫婦や恋人=一緒に寝ているという幻想
  5. 身体や病気についての知識

    声の大きさと、症状の改善度合の関係
PAGE TOP