身体や病気についての知識

なぜ、天気が悪くなると、古傷(神経痛)が痛むのか?

なぜ、天気が悪くなると、古傷(神経痛)が痛むのか?
そのメカニズムにはさまざまな説がありますが、いくつかご紹介したいと思います。

神経痛と気圧

基本的に天気が悪い時は、気圧が低下するものですが、そのことにより、人間の体内では「ヒスタミン」という物質の分泌が増えることがわかっています。

ヒスタミンには血圧を急に下げたり、血管を拡張させたり、炎症を起こすといった作用があるほか、自律神経の「交感神経」を刺激する働きがあります。

さらに交感神経は、関節や筋肉の周辺で血管を収縮させ、神経を過敏にする働きがあることから、痛みを強く感じるといったことが起こるわけです。

神経痛と湿度

気圧が下がり雨が降ると、当然、湿度は上がります。
湿気が多いと、汗をスムーズかくことができなくなり、体内の水分代謝を滞らせる原因となります。

すると、体がむくみやすくなり、血液循環も悪くなることから、疲労物質(毒素)が蓄積されやすくなってしまいます。

そのため、さまざまな症状が悪化したり、だるさや疲労感に悩まされるといったことが起こるのです。

神経痛と気温

天気が悪くなると、一般的に気温が下がる傾向があります。
気温が下がると血管は収縮し、筋肉も固くなるので、神経痛が起こる原因となる可能性があります。

〇関連記事
気象病(お天気病)について

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの施術家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

仕事、家事、育児などで
毎日働きづめだったあなたへ


そろそろ、自分を後回しにするのはやめて
 あなた自身の心と身体をケアしてみませんか?

子宮や卵巣の病気
女性ホルモンや自律神経の乱れからくる不定愁訴などを
できるだけ手術や薬に頼らずに緩和したい方におすすめの整体院
女性のライフスタイルをサポートする整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫の患部と「共存する」という選択肢

    このコンテンツでは、当整体院が提案する「新しい婦人病との付き合い方」に…

  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    婦人病の患部を手術で摘出したとしても、健康な身体に戻るわけではない

    ※当整体院にお越しになるクライアントさんは、婦人病の手術後、再発を恐れ…

  3. 身体や病気についての知識

    がん(癌)になるまでの道のりは、意外なほど長く険しい

    2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作の「がん…

  4. セルフケアについて

    8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?

    自分はあまり眠れていないのでないか・・と悩む方は少なくありません。…

  5. 身体や病気についての知識

    梅雨の時期の体調不良と自律神経の関係

    梅雨の時期になると、だるさ、手足の冷え、頭痛、肩こり、腹痛、頭痛、めま…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法
  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    母性本能という幻想。母性という言葉に振り回されている女性は少なくないと思う
  3. セルフケアについて

    とにかく温かい湯たんぽが欲しい!保温性にこだわる方には「陶器製」の湯たんぽがおす…
  4. セルフケアについて

    半身浴や湯たんぽと併用することで相乗効果を生む冷えとりアイテム
  5. 身体や病気についての知識

    子宮筋腫、内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫の手術をする前に検討すべきこと
PAGE TOP