身体や病気についての知識

なぜ、天気が悪くなると、古傷(神経痛)が痛むのか?

なぜ、天気が悪くなると、古傷(神経痛)が痛むのか?
そのメカニズムにはさまざまな説がありますが、いくつかご紹介したいと思います。

神経痛と気圧

基本的に天気が悪い時は、気圧が低下するものですが、そのことにより、人間の体内では「ヒスタミン」という物質の分泌が増えることがわかっています。

ヒスタミンには血圧を急に下げたり、血管を拡張させたり、炎症を起こすといった作用があるほか、自律神経の「交感神経」を刺激する働きがあります。

さらに交感神経は、関節や筋肉の周辺で血管を収縮させ、神経を過敏にする働きがあることから、痛みを強く感じるといったことが起こるわけです。

神経痛と湿度

気圧が下がり雨が降ると、当然、湿度は上がります。
湿気が多いと、汗をスムーズかくことができなくなり、体内の水分代謝を滞らせる原因となります。

すると、体がむくみやすくなり、血液循環も悪くなることから、疲労物質(毒素)が蓄積されやすくなってしまいます。

そのため、さまざまな症状が悪化したり、だるさや疲労感に悩まされるといったことが起こるのです。

神経痛と気温

天気が悪くなると、一般的に気温が下がる傾向があります。
気温が下がると血管は収縮し、筋肉も固くなるので、神経痛が起こる原因となる可能性があります。

〇関連記事
気象病(お天気病)について

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 身体や病気についての知識

    生理痛は身体からの警告かもしれない!?

    当院の施術を受け、セルフケアを実践してもらえば、大抵の生理痛は緩和して…

  2. 身体や病気についての知識

    森三中、大島さんの妊娠と人工授精について

    鈴木おさむさんのブログで、仕事を休み、妊活中だった奥さんの大島さんが無…

  3. セルフケアについて

    からだの深部の冷え

    2つ目のパターンは、身体の内側、深部に冷えがたまるパターンです。…

  4. セルフケアについて

    子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫の患部と「共存する」という選択肢

    このコンテンツでは、当院が提案する「新しい婦人病との付き合い方」につい…

  5. 身体や病気についての知識

    妊活(不妊治療)に専念するために、仕事を休業するという選択について

    もうだいぶ前の話になりますが、お笑い芸人の森三中の大島さんが妊活という…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    生理痛の救世主、ロキソニンの副作用(腸閉塞など)について。
  2. セルフケアについて

    忙しい人におすすめ。家事をしながら湯たんぽで身体を温める方法
  3. セルフケアについて

    冷房で体調を崩しがちなあなたへ。夏場だけでも夫婦別々に寝てみては?
  4. セルフケアについて

    簡単な食生活の見直し方
  5. 身体や病気についての知識

    がん(癌)になるまでの道のりは、意外なほど長く険しい
PAGE TOP