考え方を変えて固定観念を壊す

不妊でお悩みの方へ。なかなか妊娠しないのは、もしかすると極めて単純な「ある原因」のせいかもしれません。

よくあげられる不妊症の原因として、排卵障害、卵管の問題(炎症や癒着など)、子宮の問題(子宮筋腫やポリープ、先天的な機能障害など)、子宮内膜症(卵管や卵巣、子宮に悪影響を与える可能性がある)などがあります。
(実際は男性側の原因、男女両方の原因もありますが、今回は女性の原因だけにしぼっています)

たしかに、このような器質的な問題もありますが、当整体院では、それ以前の問題として、もっと単純な原因が不妊症と関係しているのではないかと考えています。

ご存知のように、妊娠や出産は身体に非常に大きな負担を与えます。

この大イベントを乗り越え、無事に出産するためには、自律神経系、内分泌系、免疫系などのシステムと、精神面のバランスが安定していて、「心と身体に余裕がある」ことが重要になってきます。

いくら妊娠したいと願っても、心と身体になんらかの問題があれば、「精密なシステムである人体は生存本能を優先させ、リスクを回避しようとする」のではないかと考えています。

つまり、リスクの高い状態では、妊娠の可能性が低くなるということです。

人工授精、体外受精、顕微授精、薬物療法などの施術法を行い、結果が出なかったという方の場合も、その失敗の裏側には、そもそも「出産に耐えられる身体作りができていない」というベーシックな問題が隠れているかもしれません。

そのため、不妊施術の効果を高めるためにも、または、自然妊娠を願っている場合でも、無理なく妊娠できる身体を作っていくためのケアが重要になってきます。

そのための方法論として、当整体院でおすすめしているセルフケアは、ストレスを軽減させ、簡単に身体の冷えをとる(全身の血行を改善させる)ことができる頭寒足熱・冷えとり療法です。

大金がかかる不妊施術とは違い、このセルフケアはお金がかかりません。
是非取り組むことをおすすめします

〇関連記事

不妊症について

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの施術家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

仕事、家事、育児などで
毎日働きづめだったあなたへ


そろそろ、自分を後回しにするのはやめて
 あなた自身の心と身体をケアしてみませんか?

子宮や卵巣の病気
女性ホルモンや自律神経の乱れからくる不定愁訴などを
できるだけ手術や薬に頼らずに緩和したい方におすすめの整体院
女性のライフスタイルをサポートする整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    妊婦さんの恥骨痛やむくみの改善には半身浴がおすすめ

    以前、あるクライアントさんからいただいたメールをキッカケに、身体を温め…

  2. セルフケアについて

    食べ過ぎが病気の原因になりうる理由

    現代人の多くは、食べ過ぎる傾向があります。ストレス解消…

  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    子宮腺筋症の痛みが激減し、子宮全摘出手術をしなくて済んだクライアントさんの話

    当整体院には、子宮腺筋症という病気でお悩みのクライアントさんが沢山お越…

  4. 身体や病気についての知識

    春先に現れる「だるさ、眠さ、疲れやすさ」の理由とは

    春先になるとよく現れる症状として、「だるさ、眠気、疲れやすさ」などがあ…

  5. セルフケアについて

    薬との付き合い方について。極端に薬を嫌う必要はない

    「薬は絶対に飲まない」というこだわりを持っている方がたまにいらっしゃい…

  6. 身体や病気についての知識

    がん(癌)になるまでの道のりは、意外なほど長く険しい

    2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作の「がん…

最近の記事

  1. 身体や病気についての知識

    生理痛は身体からの警告かもしれない!?
  2. セルフケアについて

    美容のためには22時くらいに寝たほうがいいという話の信憑性と、日中の昼寝について…
  3. セルフケアについて

    ファシーの湯たんぽを2つ使って骨盤を挟みながら冷えを取る、本当に効果的な婦人病対…
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気を改善したい=これまでの生き方を変えたいと思っている人に予め知ってほしいこと…
  5. セルフケアについて

    とにかく温かい湯たんぽが欲しい!保温性にこだわる方には「陶器製」の湯たんぽがおす…
PAGE TOP