セルフケアについて

毎日やっていることを少しだけ変えていくと、心と身体がラクになる

興味深い記事を見つけたので、シェアしたいと思います。
記事はこちら→http://logmi.jp/61359

本文を要約すると、

新しいことを突然やるんじゃなくて、毎日やっていることをちょこっと変えていく、っていうことが、実は、自分を変える上で1番確実で、大きく自分を変える方法であるということが、これまたいろんな研究でわかってきました。(本文から抜粋)

といった内容の記事です。

この考えには、私も共感しました。

当整体院で指導しているセルフケアも、日常生活を大きく変えなくてはいけないようなものは採用していません。

半身浴は、お風呂の入り方をちょっと変えるだけ。

湯タンポはお湯を入れるのが多少面倒なだけで、あとは何か他のことをしながら身体を温めるだけですから、生活が大きく変わることはありません。

基本的に人間は、急激な変化を嫌うので、生活が大きく変わるようなセルフケアの方法を指導してしまうと、クライアントさんはなかなか付いてきてくれないんですね。

例えば私が、「明日から糖質は取らないでください」とか、「毎日、22時には寝てください」なんて言ったとしたらどうでしょう。

おそらく、ほとんどのクライアントさんが困惑するはずです。

しかし、施術家の中には、こういうことを平気で言う人っているんですね。

おそらく、病気を治すためなんだから、それくらいストイックにならなきゃだめだという理屈なんでしょうけど、根性で病気が治るわけではありませんし、逆効果になる場合も少なくない気がします。

例えば、ストイックな生活はとてもストレスがたまります。

すると、これだけ頑張っているんだから、早く結果を出したいと、「症状の改善度合いに執着する」ようになります。

順調に結果が出ていれば問題ありませんが、そうでもない場合、クライアントさんは怒りや焦り、不安を抱えることになります。

これらの感情は心身にダメージを与えるだけでなく、臨床的に見ると、こういった感情に支配されている方は、症状改善のスピードが遅い傾向があります。

これでは、本末転倒ですよね。

ですから、私たち施術家は、人間には、急激な変化を嫌う習性があることを考慮し、指導していくことが大切なのではないかと考えています。

本文にも書いてありますが、自分を変えたいと思うなら、「毎日やっていることをちょこっと変えていく」ということが大切です。

派手で大きな変化は、脳が警戒しますから、地道にコツコツ変化していきましょう。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際にクライアントさんと向き合っているプロの施術家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

仕事、家事、育児などで
毎日働きづめだったあなたへ


そろそろ、自分を後回しにするのはやめて
 あなた自身の心と身体をケアしてみませんか?

子宮や卵巣の病気
女性ホルモンや自律神経の乱れからくる不定愁訴などを
できるだけ手術や薬に頼らずに緩和したい方におすすめの整体院
女性のライフスタイルをサポートする整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫の患部と「共存する」という選択肢

    このコンテンツでは、当整体院が提案する「新しい婦人病との付き合い方」に…

  2. セルフケアについて

    足湯について

    「子育てや仕事で忙しく、なかなか半身浴の時間を取ることができない」…

  3. セルフケアについて

    湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す

    おそらく大抵の方は、湯たんぽ=寒い時期限定の健康器具だと思っているので…

  4. セルフケアについて

    セルフケアを失敗しないためのコツ

    菊地屋では、日々のセルフケアはとにかく「適度に取り組みましょう」と、ク…

  5. セルフケアについて

    とにかく温かい湯たんぽが欲しい!保温性にこだわる方には「陶器製」の湯たんぽがおすすめ

    当整体院では、婦人病対策という意味で、患部を直接ケアすることができ、使…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    「嫌なことは水に流す」水の感触を利用したネガティブなエネルギーの浄化法
  2. 身体や病気についての知識

    なぜ、天気が悪くなると、古傷(神経痛)が痛むのか?
  3. セルフケアについて

    投資としてのセルフケア。「死ねなくなる時代」をより良く生き抜くために
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気を治そうと焦るほど、治りづらくなる理由
  5. 考え方を変えて固定観念を壊す

    医療産業も商売であることに変わりはない
PAGE TOP