セルフケアについて

身体を冷やすことに神経質になり過ぎて、冷房(エアコン)を使うことを躊躇してしまう方へ

冷えとり健康法に、極端にハマりこんでしまっている方の中には、身体を冷やすエアコンは使ってはいけない物だと思っている方もいらっしゃるようです。

しかし、真夏の猛暑日などは、家の中でも熱中症になる危険性があることを考えると、絶対にエアコンを使わないという態度は極端だと思います。

以前、勤めていた治療院の患者さんで、真夏の夕方、強い西日が差し込む部屋でエアコンを付けずに寝ていたら、熱中症になってしまった・・
という方が実際にいらっしゃいましたが、健康のためとはいえ、そのために体調を崩してしまっては本末転倒ですからね。

セルフケアを失敗しないためのコツというコンテンツにも書きましたが、当院では、「セルフケアは適度に行うべき」というスタンスで指導しておりますので、エアコンに関しても。

例えば

設定温度はできるだけ高めにする。

直接、風が当たらないようにする。

こまめにタイマー設定する。

腹巻やスパッツを身に着ける。

お腹にタオルケットをかける。

ぬるめの湯たんぽを使う。

など、いろいろと工夫をすれば、大きな問題にはならないはずです。

また、無理にエアコンを付けることを我慢してしまうと、暑くて眠れず、睡眠不足になってしまう可能性もありますから、ご自分の体調と相談しながら、上手にエアコンを使っていきましょう。

ただし、エアコンで身体が冷えるのは事実ですし、夏場は冷たい飲食物を取ることも多い時期ですから、できる範囲内でセルフケアを行うことをおすすめします。

〇関連記事
暑い夏でも、快適に冷えとり(半身浴)を実践するコツ
湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    おすすめの湯たんぽ「ファシー fashy」を使って婦人病をケアする方法

    当院では、婦人病対策という意味で、子宮や卵巣を直接ケアすることができ、…

  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    婦人病の患部を手術で摘出したとしても、健康な身体に戻るわけではない

    ※当院にお越しになる患者さんは、婦人病の手術後、再発を恐れている方や、…

  3. 身体や病気についての知識

    症状が改善してくると、女性はどんどんキレイになる

    治療を継続していくと、患者さんにさまざまな変化が表れてきます。…

  4. セルフケアについて

    冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ

    半身浴や湯たんぽを使って身体を温め続けていても、冬になると、手先や足先…

  5. セルフケアについて

    8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?

    自分はあまり眠れていないのでないか・・と悩む方は少なくありません。…

  6. セルフケアについて

    冷えとり靴下の重ね履きについて

    靴下の重ね履きをするメリット内臓の機能を活発にする…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    冷房で体調を崩しがちなあなたへ。夏場だけでも夫婦別々に寝てみては?
  2. セルフケアについて

    毎日やっていることを少しだけ変えていくと、心と身体がラクになる
  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    医療産業も商売であることに変わりはない
  4. セルフケアについて

    薬との付き合い方について。極端に薬を嫌う必要はない
  5. セルフケアについて

    おすすめの湯たんぽ「ファシー fashy」を使って婦人病をケアする方法
PAGE TOP