セルフケアについて

  1. 湯たんぽ(ファシー)のお湯の温度を簡単に調整する方法、お湯の量について

    当整体院では、婦人病対策という意味で、患部を直接温めることができる、使い勝手の良いfashy(ファシー)の湯たんぽをおすすめしています。とても温…

  2. ファシーの湯たんぽを2つ使って骨盤を挟みながら冷えを取る、本当に効果的な婦人病対策

    陶器製の湯たんぽをご紹介した記事の中で、ファシーと陶器製の湯たんぽの合わせ技について書きました。陶器製の湯たんぽは、お湯が3リットル近く入るため、保…

  3. とにかく温かい湯たんぽが欲しい!保温性にこだわる方には「陶器製」の湯たんぽがおすすめ

    当整体院では、婦人病対策という意味で、患部を直接ケアすることができ、使い勝手の良いファシー(fashy)という湯たんぽをメインにおすすめしております。…

  4. ファシー (湯たんぽ)スタンダードボトルの次に買うなら「クッションボトル」がおすすめ

    当整体院では、最初に購入していただく湯たんぽとして、ファシー(fashy)のカバー付きのスタンダードボトルをおすすめしていますが、その他にも、「※クッションボト…

  5. おすすめの湯たんぽ「ファシー fashy」を使って婦人病をケアする方法

    当整体院では、婦人病対策という意味で、子宮や卵巣を直接ケアすることができ、使い勝手の良いプラスティック製のfashy(ファシー)という湯たんぽをおすすめしていま…

  6. 湯たんぽのススメ・子宮や卵巣を温め婦人病を改善したい方におすすめ

    子宮や卵巣の病気を緩和するためには、構造上、血流が滞りやすい(冷えやすい)骨盤内を日頃から温めることが大切です。(関連記事→子宮や卵巣が冷えに弱い理由・婦人…

  1. セルフケアについて

    私が半身浴と湯たんぽを、最高に優れた健康法だと思う理由
  2. セルフケアについて

    子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫の患部と「共存する」という選択肢
  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    症状と執着の関係。3年近く悩んだ皮膚病が、突然治ったキッカケとは?
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    医師の対応に傷つく患者が多い理由とは。西洋医学は心をどう捉えているのか
  5. セルフケアについて

    冷房で体調を崩しがちなあなたへ。夏場だけでも夫婦別々に寝てみては?
PAGE TOP