セルフケアについて

  1. 嗜好品(たばこやお酒、甘いものなど)を止めないと、病気は改善しないのか?

    「症状を緩和したい」とは思いつつも、たばこやお酒、甘いものなどの嗜好品をやめたくてもやめられずに悩んでいる方は大勢います。当整体院のクライアントさんの中にも…

  2. 子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫の患部と「共存する」という選択肢

    このコンテンツでは、当整体院が提案する「新しい婦人病との付き合い方」について、お伝えしたいと思います。昨今、増加傾向にある子宮筋腫について考えてみま…

  3. 生理痛の救世主、ロキソニンの副作用(腸閉塞など)について。

    「ロキソニンに重大な副作用がある」というテレビ番組の特集を観ました。(2016年3月の記事)当整体院は、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、子宮腺筋症…

  4. 毎日やっていることを少しだけ変えていくと、心と身体がラクになる

    興味深い記事を見つけたので、シェアしたいと思います。記事はこちら→http://logmi.jp/61359本文を要約すると、新しい…

  5. 生理の量が多いことが原因で、再就職先の内定を断った患者さんの話

    あるクライアント(以下Kさんとします)さんが、せっかく受かった再就職先の会社を、いろいろと悩んだ末に断りました。その理由は、会社のトイレが1つしかな…

  6. 妊婦さんの恥骨痛やむくみの改善には半身浴がおすすめ

    以前、あるクライアントさんからいただいたメールをキッカケに、身体を温めることの重要性を改めて実感。半身浴と湯たんぽでスピード出産・安産に!?という記事を書きまし…

  1. 考え方を変えて固定観念を壊す

    夫や恋人と一緒に寝ることがストレスになっていませんか?
  2. セルフケアについて

    生理痛の救世主、ロキソニンの副作用(腸閉塞など)について。
  3. セルフケアについて

    美容のためには22時くらいに寝たほうがいいという話の信憑性と、日中の昼寝について…
  4. 身体や病気についての知識

    生理痛は身体からの警告かもしれない!?
  5. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法は日本人の価値観と相性がいい
PAGE TOP