セルフケアについて

投資としてのセルフケア。これからの時代を生き抜くために。

セルフケアを行うことのメリット

投資としてのセルフケア

今後、平均寿命はどんどん伸びていきます。

若い頃はそれほど個人差は目立ちませんが、歳を取ってくると、ルックスはもちろん、身体の動きや健康の度合いに大きな差が出てきます。

例えば、同じ70歳でも、老けこんでしまって、身体のあちこちに問題を抱えている方もいれば、見た目も若々しく、楽しそうに生きている方もいます。

お年寄になっても元気な方は、運動したり、食事に気を付けていたり、身体を冷やさないようにしたり、ストレスをためないようにしたりと、なんらかのケアを行ってきていることが多いものです。

つまり、なんらかの形で心身をケアしてきた方と、そうでない方では、人生の後半で大きな差が出てくる可能性が高いわけです。

セルフケアを行うことで大病を患う可能性が減り、かかる医療費も減ります。
つまり、他の用途に使ったり、貯蓄に回せるお金が増えるわけです。

しかも、株やFXとは違い、なんのリスクもありません。
ここまで「ローリスク、ハイリターンの投資は他には無い」でしょう。

目まぐるしい医療技術の発展によって、私たちはどんどん長生きになっていきます。
それはある意味「なかなか死ねなくなる」ということでもあります。

自由に動ける状態で年齢を重ねていけるのであれば、長生きも楽しいかもしれません。
しかし、身体が衰え、重い病気になり、動くこともままならない状態のまま生き続けなくてはいけないとしたら・・

それは、誰にとっても悲しく辛いことですよね。

まだまだ先のことだから大丈夫と思うかもしれませんが、「人間の身体は消耗品」なんです。
つまり、雑に扱えば、早く壊れていく可能性だってある・・

そんなことにならないためにも、現在お悩みの症状を改善するためにはもちろん、今後の長い人生をより良いものにしていくためにも、
少しずつでもいいので、生活の中にセルフケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

当院の患者さんへ

症状の改善が早まる

仮に毎日施術を受けたとしても、施術時間が約1時間だとすれば、あとの23時間は患者さんの意志で行動する時間です。

施術以外の膨大な時間に、少しずつセルフケアを取り入れていけば、症状が改善するスピードは確実に早まります。
これは単純な「足し算の問題」だと考えています。

お金と時間が節約できる

時は金なりとも言いますが、お金も時間もかけがえのない貴重な財産です。

施術にかかるお金と時間は、少ないに越した事はありません。

順調に症状が改善していけば、「施術の間隔をどんどん開けていくことができます。」
できるだけ早く症状を改善するためにも、お金や時間を節約するためにも、生活の中にセルフケアを取り入れることをおすすめします。

子宮や卵巣の病気でお悩みの方へ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    パニック障害と下半身の冷えの関係。下半身の冷えが精神状態を左右している!?

    先日、パニック障害の症状改善のために治療を受けている患者さん(以下Sさ…

  2. 身体や病気についての知識

    妊活(不妊治療)に専念するために、仕事を休業するという選択について

    もうだいぶ前の話になりますが、お笑い芸人の森三中の大島さんが妊活という…

  3. セルフケアについて

    暑い夏でも、快適に冷えとり(半身浴)を実践するコツ

    夏の暑い時期の冷えとりは苦痛・・と感じる方は少なくないと思います。…

  4. 身体や病気についての知識

    なぜ、天気が悪くなると、古傷(神経痛)が痛むのか?

    なぜ、天気が悪くなると、古傷(神経痛)が痛むのか?そのメカニズムに…

  5. 考え方を変えて固定観念を壊す

    胃腸の弱い人が結婚や同棲をする前に気にした方がいいトイレ問題

    これから結婚する予定の患者さん(以下、Sさんとします)と、パートナーと…

  6. セルフケアについて

    簡単な食生活の見直し方

    食事に気をつけることは重要ですが、当院の患者さんには、頭寒足熱・冷えと…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    簡単な食生活の見直し方
  2. セルフケアについて

    妊婦さんの恥骨痛やむくみの改善には半身浴がおすすめ
  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    胃腸の弱い人が結婚や同棲をする前に気にした方がいいトイレ問題
  4. セルフケアについて

    ファシー (湯たんぽ)スタンダードボトルの次に買うなら「クッションボトル」がおす…
  5. 身体や病気についての知識

    子宮筋腫、内膜症、卵巣のう腫の手術をする前に検討すべきこと
PAGE TOP