セルフケアについて

とにかく温かい湯たんぽが欲しい!保温性にこだわる方には「陶器製」の湯たんぽがおすすめ

当院では、婦人病対策という意味で、患部を直接ケアすることができ、使い勝手の良いファシー(fashy)という湯たんぽをメインにおすすめしております。

しかし、「温かさ」と、その「持続性」という観点から見れば、陶器製の湯たんぽに軍配が上がるでしょう。

入れられるお湯の量が多く、熱の伝導率も高いので、夜寝る前にお湯を入れれば、心地よい温かさが朝までもちます。

とにかく湯たんぽは温かいほうがいい!保温性にこだわりたい!という方、または、足の冷えがひどく、足元に置く湯たんぽが欲しい方には、陶器製をおすすめします。(下腹部や腰を温めたい場合は、軽くて柔らかいファシーをおすすめします。)

しかし・・

「下腹部に乗せるには重すぎるので、婦人病のケアがしづらい」「固い」「場所を取ってしまう」「持ち運びしづらい」といった難点がありますので、ご自分のライフスタイル、改善したい症状に合ったものを選ぶようにしてください。
(不安な方は、ファシー(fashy)にしたほうが無難だと思います)

陶器製の湯たんぽはかなり熱くなるので、専用のカヴァーが付いてるものがおすすめです。

〇追記

当院に通院されている子宮腺筋症の患者さんが、プラスティック製の湯たんぽと併用して、陶器製の湯たんぽを足元に置いて使い始めたところ、症状がかなりラクになったとの報告をいただきました。

子宮腺筋症は、非常に痛みが強い病気ですから、順調に症状を改善したい方は、二つの湯たんぽを併用すると良いかもしれません。

ただし、ベットで寝ている方の場合、陶器製の湯たんぽでは、床に落としてしまう可能性がありますし、それ以前の問題で、重さや場所を取ることがデメリットだと考える方も少なくないでしょう。

その場合は、プラスティック製の湯たんぽを、もう一つ購入し、片方を下腹部に、もう片方を足元に置くだけでも、かなり効果的です。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    暑い夏でも、快適に冷えとり(半身浴)を実践するコツ

    夏の暑い時期の冷えとりは苦痛・・と感じる方は少なくないと思います。…

  2. セルフケアについて

    美容のためには22時くらいに寝たほうがいいという話の信憑性と、日中の昼寝について

    自宅にいる時間が長い方の中には、昼寝などの「こま切れ睡眠」をとっている…

  3. セルフケアについて

    湯たんぽのススメ・子宮や卵巣を温め婦人病を改善したい方におすすめ

    子宮や卵巣の病気を改善するためには、構造上、血流が滞りやすい(冷えやす…

  4. セルフケアについて

    冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ

    半身浴や湯たんぽを使って身体を温め続けていても、冬になると、手先や足先…

  5. セルフケアについて

    からだの深部の冷え

    2つ目のパターンは、身体の内側、深部に冷えがたまるパターンです。…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    子宮筋腫は手術しても再発が多い病気。再発を繰り返した末の子宮全摘出を避けるための…
  2. セルフケアについて

    湯たんぽ(ファシー)のお湯の温度を簡単に調整する方法、お湯の量について
  3. セルフケアについて

    冷房で体調を崩しがちなあなたへ。夏場だけでも夫婦別々に寝てみては?
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    母性本能という幻想。母性という言葉に振り回されている女性は少なくないと思う
  5. セルフケアについて

    水を大量に飲む健康法のリスク・ちょうどいい水分摂取量について
PAGE TOP