セルフケアについて

湯たんぽのススメ・子宮や卵巣を温め婦人病を改善したい方におすすめ

子宮や卵巣の病気を改善するためには、構造上、血流が滞りやすい(冷えやすい)骨盤内を日頃から温めることが大切です。
(関連記事→子宮や卵巣が冷えに弱い理由・婦人病対策として温めることが有効な理由

子宮や卵巣を温める方法として、当院では湯たんぽや半身浴をおすすめしています。
湯たんぽは、あらゆる病気のケアにはもちろん、疲労回復、ストレス解消、ダイエットなどに効果的な非常に万能なツールであり、当院の患者さんのほぼ全員が使っています。

このページでは、おすすめの湯たんぽや、効果的な湯たんぽの使い方などを紹介しています。

おすすめの湯たんぽ

○おすすめの湯たんぽ「ファシー fashy」を使って婦人病をケアする方法

まずは、とにかくファシーのスタンダードボトルを使ってみてください。自信を持っておすすめします!

○ファシー (湯たんぽ)スタンダードボトルの次に買うなら「クッションボトル」がおすすめ

クッションという言葉通り、敷き布団の上に置いてその上に寝そべったり、お尻の下に敷いても全く問題ない丈夫な湯たんぽです。

その特性から、おしりや腰、背中、太もも、膝、ふくらはぎ、足首、足裏など、身体の裏側を温めるのに適しています。

スタンダードボトルとクッションボトルで「身体を挟む」と、それはもうほんとに温かいです⇒○ファシー(fashy)のスタンダードボトルとクッションボトル、2つの湯たんぽで骨盤を挟みながら冷えを取る、本当に効果的な婦人病ケア法

○陶器製の湯たんぽ

スタンダードボトルとクッションボトルだけでも十分ですが、さらにもっとチャレンジしたい!という方におすすめです。

湯たんぽを効率よく使っていくための知識

○私が半身浴と湯たんぽを、最高に優れた健康法だと思う理由

○湯たんぽに入れるお湯の温度を簡単に調節する方法と、お湯の適正温度、適正量について個人的に思うこと

○ファシー(fashy)のスタンダードボトルとクッションボトル、2つの湯たんぽで骨盤を挟みながら冷えを取る、本当に効果的な婦人病ケア法

○半身浴や湯たんぽと併用することで相乗効果を生むアイテム

○湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す

○時間が取れない人におすすめ。洗濯や掃除、料理など、家事に取り組みながら、湯たんぽで身体を温める方法

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    「冷えは万病の元」と言われる理由

    「冷えは万病の元」という言葉は、今や一般的なものになっており、身体が冷…

  2. セルフケアについて

    冷房で体調を崩しがちなあなたへ。夏場だけでも夫婦別々に寝てみては?

    夏場にエアコンのせいで体調を崩される患者さんは少なくありません。…

  3. セルフケアについて

    子宮や卵巣が冷えに弱い理由・婦人病対策として温めることが有効な理由

    当院の患者さんにはある程度お伝えしている話ではありますが、今回は改めて…

  4. セルフケアについて

    湯たんぽ(ファシー)のお湯の温度を簡単に調整する方法、お湯の量について

    当院では、婦人病対策という意味で、患部を直接温めることができる、使い勝…

  5. セルフケアについて

    忙しい人におすすめ。家事をしながら湯たんぽで身体を温める方法

    先日、ある患者さんから、面白い湯たんぽの使い方を教えていただきましたの…

  6. セルフケアについて

    身体を冷やすファッションについて

    現代人のファッションは、上半身は重ね着をして、下半身は比較的、薄着とい…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    湯たんぽ(ファシー)のお湯の温度を簡単に調整する方法、お湯の量について
  2. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法
  3. セルフケアについて

    不安定な精神状態と頭に血が上ぼった状態(頭熱)の関係性
  4. 身体や病気についての知識

    森三中、大島さんの妊娠と人工授精について
  5. セルフケアについて

    薬との付き合い方について。極端に薬を嫌う必要はない
PAGE TOP