身体や病気についての知識

セカンドオピニオンについて。ある患者さんの驚きの体験

これまで、婦人科系の症状でお悩みの患者さんから、さまざまなお話を伺ってきました。

その中には、複数の医師に診断してもらっている患者さんも少なくありません。
いわゆる「セカンドオピニオン」です。

セカンドオピニオンとは、文字通り「第二の意見」のことで、主治医以外の医師の診断を通して、自分の症例に関する客観的な意見を聞くことです。

例えば、子宮内膜症の患者さんに対して、手術を強くすすめる医師もいれば、実害が無いのであれば手術はせず、経過観察でも問題ないという医師もいます。

つまり、同じ症状であっても、「医師によって治療方針が大きく違うことは珍しくない」のです。

人間のやることですから、ある程度の違いはあって当然です。

しかし、中には、能力的に問題があったり、片寄った意見を押し付けてくるような医師も存在しますから、医師の治療方針や態度に不満があるようなら、セカンドオピニオンを検討してみてもいいかもしれません。

セカンドオピニオンを依頼したからこそ分かった驚きの事実

ある患者さんからお話を伺い、改めてセカンドオピニオンの重要性を感じました。

ご本人に了解をいただきましたので、その患者さん(以後、Kさんとします)の身に何が起こったのかを時系列で書いていきたいと思います。

Kさんは会社の健康診断で※乳房のエコー検査を受けました。
(乳腺に液体が溜まる乳腺のう胞、良性のしこりである線維腺腫、悪性腫瘍の乳がんといった病気を発見できると言われている)

その際、画面を見ていた検査技師の様子を見て、嫌な予感がしたと言います。

結果的に、「この場では判断できない」と言われ、さらに精密な検査をすることをすすめられます。

「もしかすると、自分は乳ガンなのかもしれない・・」
そんな不安を抱えながら、数日後、Kさんは、ある病院で再検査を受けました。

はっきりと良性だと分かれば、その日うちに安心して帰れるはずでしたが、なんと今回も、その場では判断がつかず、さらに精密な細胞診断に回されることになってしまいました。

診断結果が出るまでの間のKさんの落ち込みようは気の毒なほどでした。

診断結果を待っている間のストレスで、症状が悪化することがあるという話がありますが、Kさんの姿を見ていて、それも十分あり得るだろうと感じました。

実際、これまでは出ていなかった不正出血の症状が現れていましたからね・・
「自分は乳ガンかもしれない」と不安になりながら過ごす日々は、相当負担だったのでしょう。

しかし、そんなストレスフルな時間も、いつかは終わるもので、検査結果を聞く日がやってきました。

結果は良性。

しかし、異形細胞が存在するとのことで、万が一悪性になる可能性を考慮し、経過観察は必要だと医師から言われたそうです。

とりあえず、ひと安心でしたが、Kさんにとっては、なんともはっきりしない、もどかしさが残る結果になってしまいました。

話はここで終わりではありません。

もどかしい気持ちをなんとかしたかったKさんは、他の病院にセカンドオピニオンを依頼したのです。

結果は驚くべきものでした。

新たな病院の医師からは、「医師が出るまでもなく、検査技師でも判別できるレベルの良性」という診断だったのです。

つまり、この医師の意見では、細胞診断などする必要はなかったということです。

しかも、その医師から、いったいどこの病院で検査したんですか?と聞かれ、Kさんが病院名を答えたところ、「ああ、あの病院はダメだからね・・」と言われたそうです。

大抵の患者は、医師と病院を無条件に信じているわけですから、こんな話を聞くと、何を信じればいいのか不安にもなりますよね。

しかし、冷静に考えてみれば、なんとなく神聖なイメージを投影しやすい医師も、我々と同じ人間ですからね。

素晴らしい能力や志を持った医師がいる反面、能力が低い医師や、組織として腐敗した病院も存在するということでしょう。

しかし、それを見極めるのは、素人にはなかなか難しい。
そう考えてみると、複数の医師の意見を聞くことも一つの手段ではないでしょうか。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 身体や病気についての知識

    がん(癌)になるまでの道のりは、意外なほど長く険しい

    2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作の「がん…

  2. セルフケアについて

    パニック障害と下半身の冷えの関係。下半身の冷えが精神状態を左右している!?

    先日、パニック障害の症状改善のために治療を受けている患者さん(以下Sさ…

  3. セルフケアについて

    湯船に入った時の「あ~極楽」というリアクションと、日本人のアイデンティティについて

    湯船に入った時、実際に「あ~極楽」と言う方はあまりいないと思いますが、…

  4. セルフケアについて

    生理痛の救世主、ロキソニンの副作用(腸閉塞など)について。

    「ロキソニンに重大な副作用がある」というテレビ番組の特集を観ました。(…

  5. 身体や病気についての知識

    生理痛は身体からの警告かもしれない!?

    当院の施術を受け、セルフケアを実践してもらえば、大抵の生理痛は緩和して…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    身体を冷やすファッションについて
  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    症状と執着の関係。3年近く悩んだ皮膚病が、突然治ったキッカケとは?
  3. セルフケアについて

    森林浴のススメ
  4. セルフケアについて

    美容のためには22時くらいに寝たほうがいいという話の信憑性と、日中の昼寝について…
  5. セルフケアについて

    足湯について
PAGE TOP