セルフケアについて

美容のためには22時くらいに寝たほうがいいという話の信憑性と、日中の昼寝について

自宅にいる時間が長い方の中には、昼寝などの「こま切れ睡眠」をとっている方もいると思います。

しかし、こま切れ睡眠はあまりよくない習慣といわれています。
日中に30分以上眠ると、かなりの確率で深い睡眠に入ってしまい、夜の睡眠が浅くなってしまいます。

脳は深い睡眠の間に熱を冷やすため(活動中の脳は熱を持ちます=頭熱)、日中、習慣的にこま切れの睡眠をとっていると、冷却の効率が悪くなり、脳がしっかり休めなくなってしまいます。

また、夜間の深い睡眠の間に出る成長ホルモンが減ってしまうことも問題です。
(成長ホルモンは、大人になってからも細胞の修復やたんぱく質の合成、お肌の問題などにも関わる重要なホルモンです。)

ということで、睡眠はちょくちょくとるのではなく、「なるべく夜にまとめてとることが理想」ということになります。

もし、昼寝をするのであれば、30分以内が理想です。

そのくらいの適度な長さの睡眠であれば、血圧が下がったり、集中力が増したり、精神的にもリラックスできるようになります。

22時くらいに寝ると、美容に良いという話は間違い

女性誌などで、22時から深夜2時までをお肌のゴールデンタイム、シンデレラタイムなどと呼び、この時間に眠ると美容に良いという話がありますが、これは全く根拠のない間違いだそうです。

肌の修復のためには成長ホルモンが関係していますが、その成長ホルモンが分泌されるのは、何時に眠るかは関係ありません。
むしろ、「睡眠の深さ、つまり質の方が重要」なのです。

なぜなら、肌の修復に関連ある成長ホルモンは、「深い睡眠の最初の3時間」ぐらいまでに分泌されると言われているからです。

例えば、前述したように、日中に長く昼寝をして、深い睡眠状態が出てしまうと(30分以上の睡眠)夜の睡眠が浅くなる傾向があります。

成長ホルモンは、深い睡眠時に分泌されるため、美容の観点からみると、長すぎる昼寝を習慣にしてしまうことはリスクかもしれません。

ただし、たまに昼寝をするのは気持ち良いものですよね。

習慣にさえしなければ、大きな問題にはならないでしょうから、疲れていたり、ストレスが溜まっている時は、開き直って気持ち良く寝てしまいましょう。

※今回の記事を書く上で以下の書籍を参考にさせていただきました。

8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 身体や病気についての知識

    妊活(不妊治療)に専念するために、仕事を休業するという選択について

    もうだいぶ前の話になりますが、お笑い芸人の森三中の大島さんが妊活という…

  2. セルフケアについて

    湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す

    おそらく大抵の方は、湯たんぽ=寒い時期限定の健康器具だと思っているので…

  3. 身体や病気についての知識

    セカンドオピニオンについて。ある患者さんの驚きの体験

    これまで、婦人科系の症状でお悩みの患者さんから、さまざまなお話を伺って…

  4. 身体や病気についての知識

    自分が、外的環境から大きな影響を受けていることを素直に認めると、生きやすくなる

    患者さんにはよく話していることですが、人間は天候や気圧、気温、湿度など…

  5. セルフケアについて

    8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?

    自分はあまり眠れていないのでないか・・と悩む方は少なくありません。…

  6. 身体や病気についての知識

    声の大きさと、症状の改善度合の関係

    最近、主人から、飼いネコをしかる声が大きくなったって言われたんです…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法
  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    医療産業も商売であることに変わりはない
  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    胃腸の弱い人が結婚や同棲をする前に気にした方がいいトイレ問題
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気を治そうと焦るほど、治りづらくなる理由
  5. 考え方を変えて固定観念を壊す

    婦人病の患部を手術で摘出したとしても、健康な身体に戻るわけではない
PAGE TOP