セルフケアについて

8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?

自分はあまり眠れていないのでないか・・と悩む方は少なくありません。

一般的に、理想の睡眠時間をなぜか8時間だと思っている方が多いようですが、8時間という数字には、実はなんの根拠もないそうです。

欧米の5歳から102歳までの3000人以上を対象に、脳波を測定して得た信頼できるデータによると、歳をとるとともに、どんどん必要な平均睡眠時間は減少していきます。
(以下の数値は、個人差もありますので、あくまでも平均的な目安と考えてください)

15歳の時には7、74時間と、すでに8時間睡眠は必要なく、30歳の時には、6、85時間。
70歳を超えると、5、90時間と、6時間を下回ります。
(参考までに。40歳6、46時間。50歳6、34時間。60歳6、20時間。80歳5、52時間)

8時間という睡眠時間は、働き盛りの30代から50代の年齢層からしても、明らかに長過ぎると言えます。

これはあくまでも平均値としてのデータですが、この平均値に、さらにややこしい「個人差」が入ってくるのですから、理想の睡眠時間というものは、相当個人差が大きい、曖昧なものだと考えた方が良いということでしょう。

繰り返しになりますが、8時間睡眠が理想という話は誤りです。

そして、上記の平均睡眠時間に関しても、実際のところ、短い人は3時間前後、長い人は11時間以上と、相当個人差がありますから、あまり神経質にならないようにしましょう。

要するに、理想の睡眠時間は「それぞれ違う」ということですから、周囲の人と比較して、自分が少数派だったとしても気にする必要はないということです。

※今回の記事を書く上で以下の書籍を参考にさせていただきました。

8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    忙しい人におすすめ。家事をしながら湯たんぽで身体を温める方法

    先日、ある患者さんから、面白い湯たんぽの使い方を教えていただきましたの…

  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    仲が良い夫婦や恋人=一緒に寝ているという幻想

    夫や恋人と一緒に寝ることがストレスになっていませんか?という記事のつづ…

  3. セルフケアについて

    生理痛の救世主、ロキソニンの副作用(腸閉塞など)について。

    「ロキソニンに重大な副作用がある」というテレビ番組の特集を観ました。(…

  4. セルフケアについて

    身体を冷やすことに神経質になり過ぎて、冷房(エアコン)を使うことを躊躇してしまう方へ

    冷えとり健康法に、極端にハマりこんでしまっている方の中には、身体を冷や…

  5. 身体や病気についての知識

    セカンドオピニオンについて。ある患者さんの驚きの体験

    これまで、婦人科系の症状でお悩みの患者さんから、さまざまなお話を伺って…

  6. セルフケアについて

    「冷えは万病の元」と言われる理由

    「冷えは万病の元」という言葉は、今や一般的なものになっており、身体が冷…

最近の記事

  1. 考え方を変えて固定観念を壊す

    母性本能という幻想。母性という言葉に振り回されている女性は少なくないと思う
  2. セルフケアについて

    妊婦さんの恥骨痛やむくみの改善には半身浴がおすすめ
  3. セルフケアについて

    忙しい人におすすめ。家事をしながら湯たんぽで身体を温める方法
  4. セルフケアについて

    生理痛の救世主、ロキソニンの副作用(腸閉塞など)について。
  5. セルフケアについて

    湯船に入った時の「あ~極楽」というリアクションと、日本人のアイデンティティについ…
PAGE TOP