考え方を変えて固定観念を壊す

医療産業も商売であることに変わりはない

世の中には、病院と医者を美化し過ぎている人が少なくないように思います。

医療は産業の一つであり、産業であるからには、第一の目的は「利益を得ること」にあります。

医療産業が利益を追求することを悪いことのように感じる方もいるでしょうが、それはおかしな話で、資本主義という社会システムの中では、これは至極当前のことです。

私はそのことを理解しているので、医療産業そのものになんの幻想も抱いていません。

利潤を上げるために、患者を不安にさせた方が良いと判断すればそうするでしょうし。

念のためと健診を何度も受けさせたり、必要以上の薬を出すこともあるでしょう。

利益を上げなければ、医療産業は崩壊してしまうのですから、それくらいのことは当然します。

何も悪いことではありません。

利益を追求する医療の在り方を批判する方もいるかもしれませんが、利益を生み出せなくなれば、医療産業は崩壊してしまいます。

どんなに批判したところで、そうなってしまえば、多くの方が困ってしまうでしょう。

ですから、くれぐれも幻想を抱かないことです。

医療産業だって、基本的には商売だということを知り、ただクールに捉えていればよいのだと思います。

以下に興味深い記事を貼付しておきます。

今の日本の医療は万事、お金が中心になっていて、健康人は常に病人にさせられようとしています。

健康診断、人間ドック、がん検診などは病気というレッテルを貼り、健康人を病人に転落させるための検査。本当に痛い・苦しいという人が病院に行くだけでは、医療産業は潰(つぶ)れてしまうからです。

続きはこちら→医師が明かす健康診断の無意味さ 健康人を病人に転落させる?

〇関連記事
地域に病院がないほうが死亡率が下がる!?夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ。「覚悟を持って生きることって大切だよねという話」

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    薬との付き合い方について。極端に薬を嫌う必要はない

    「薬は絶対に飲まない」というこだわりを持っている方がたまにいらっしゃい…

  2. 身体や病気についての知識

    森三中、大島さんの妊娠と人工授精について

    鈴木おさむさんのブログで、仕事を休み、妊活中だった奥さんの大島さんが無…

  3. セルフケアについて

    毎日やっていることを少しだけ変えていくと、心と身体がラクになる

    興味深い記事を見つけたので、シェアしたいと思います。記事はこちら→…

  4. 身体や病気についての知識

    梅雨の時期の体調不良と自律神経の関係

    梅雨の時期になると、だるさ、手足の冷え、頭痛、肩こり、腹痛、頭痛、めま…

  5. セルフケアについて

    冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ

    半身浴や湯たんぽを使って身体を温め続けていても、冬になると、手先や足先…

  6. 身体や病気についての知識

    子宮筋腫、内膜症、卵巣のう腫の手術をする前に検討すべきこと

    前回の記事で、手術は根本的な解決にはならないと書きました。…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ
  2. セルフケアについて

    半身浴について・子宮や卵巣を温め婦人病を改善したい方におすすめ
  3. セルフケアについて

    足湯について
  4. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法は日本人の価値観と相性がいい
  5. 身体や病気についての知識

    子宮筋腫、内膜症、卵巣のう腫の手術をする前に検討すべきこと
PAGE TOP