考え方を変えて固定観念を壊す

夫や恋人と一緒に寝ることがストレスになっていませんか?

結婚や同棲をされている方で、疲れが取れない・・眠りが浅い・・辛い症状を早く改善したいと思っている方にちょっとした提案です。

もし、あなたがパートナーと同じベットや布団で寝ているようでしたら、期間限定でもいいので、思い切って別々に寝てみてはいかがでしょうか。

症状を効率良く改善するためには、睡眠の質を上げることがとても大切です。

隣にパートナーがいないと落ち着かないとか、いた方が安心できるという方であれば、そのままでも構わないのですが、正直なところ、一人で寝た方がラクという方も(本当は)少なくないはずです。

あなたの睡眠のスタイルは、本当にベストだと思いますか?

私は以前から、これだけライフスタイルが多様化している世の中で、同じベットで寝たり、同じ部屋で寝ることを「当たり前」だと思っている夫婦や恋人たちが多いことを不思議に思っていました。

そうする理由があって、自覚的に一緒に寝ることを選択をしているのであれば何も問題ないのですが、どうもそうではなさそうで・・

「二人で寝て疲れないですか?」と質問すると、

「夫のいびきがうるさくて・・」

「歯ぎしりが・・」

「寝相が悪くて・・」

「寝る時間が違うので、相手がベットに入ってくる時に毎回起きてしまうんです・・」

など、結構不満を抱えている方が少なくないんですね。

じゃあ、なんで無理して一緒に寝てるのかと聞いてみると、なんとなく・・
という曖昧な返事が返ってくることが多いように感じます。

人生の3分の1の時間を占め、仕事の質や健康状態に大きな影響を与える睡眠のスタイルを「なんとなく」とか「みんなそうしているから」という理由で簡単に決めてしまって良いものでしょうか?

とはいえ、大切な人と一緒に寝るということは、心身を回復をさせるという本質的な理由を越えて、寂しさや不安を紛らわしたり、コミュニケーションを取る時間を増やすためなど、そこには、さまざまな意味が内包されているはず。

ですから、そういった面を優先する方々にとっては、こんな話は余計なお世話かもしれません。

しかし、現在、なんらかの辛い症状に悩んでいる方であれば、改善の可能性を高めるためにも、改めて睡眠のスタイルを検討してみても良いのではないでしょうか。

自分たちに合った睡眠のスタイルを見つけてみましょう

「症状を早く改善したいので」とか、「今日はとても疲れているので」といった感じで、別々に寝る理由を丁寧に説明すれば、健全な感覚を持っているパートナーであれば、頭ごなしにダメだ!と拒絶することはないはずです。

ただ、パートナーが繊細で傷つきやすい方の場合は、「ぼくは嫌われてしまったのか・・」などと、余計な不安を与えてしまう可能性もありますので、その辺りはしっかり話し合う必要はあるかと思いますが。

違う部屋で寝ることができればベストですが、部屋数の問題で物理的に無理だったり、相手に悪い気がして気が引けるという場合には、布団を別々にするだけでも、睡眠の質はかなり良くなるはずです。
(その際、「耳栓」などを使うと、更に睡眠の質が上がるはずです)

他にも例えば

・仕事がある平日は別々に寝て、次の日が休みでゆっくりできる前の日は一緒に寝る

・大切な仕事の前の日だけは別々に寝る

・週何日かは別々に寝る

・体調が悪い時は別々に寝る

など、アイデアはいろいろと考えられると思います。

妊娠中の方の場合

妊娠中でつわりが酷い方は、「気分が悪いのでゆっくり一人で寝させてほしい」とパートナーに伝えてみることをおすすめします。
気分が悪いだけでも辛いのに、妊婦さんは、飲み食いできるものが限定されたり、臭いに敏感になったりしますからね。

そんな辛い時期に、パートナーが夜遅く帰ってきて起こされたり、いびきがうるさかったり、お酒臭かったりしたら、相当ストレスになるはずです。

イライラして何度もケンカするくらいなら、妊娠を機に思い切って別々に寝るようにしてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんが産まれた後の数か月、新米お母さんは赤ちゃんの面倒をみるために慢性的に寝不足になります。

産後、急激にホルモンバランスが変化することで、精神的に不安定な状態のお母さんが、初めて取り組む子育ての不安を抱えながら寝不足になっているわけです。

それはもう、ものすごくイライラするに決まっています・・

よく聞くのは、何度も赤ちゃんに起こされながら、せっせとお乳をあげている横で、のんきにグーグー寝ている夫にイライラするという話です。

冷静に考えれば、奥さんだって、旦那さんにはしっかり働いてもらわなければならないし、そのためには、しっかり休んでもらわなければいけないということは分かっているはずなんですが・・
精神的に不安定になっている時期なので、理屈ではわかっていても、感情的にイライラしてしまうのだと思います。

こういったイライラを解消するためにも、「赤ちゃんが産まれる前の段階」で、別々に寝るかどうかを話し合ってみてはいかがでしょうか。

(産まれた後、赤ちゃんの夜泣きが辛くて別々に寝るようになるケースもあるようですが、奥さんからすれば「あんたはゆっくり寝れていいわね」という気持ちになるでしょうし、これはこれで、新たな火種になる可能性がある気がします・・やはり赤ちゃんが産まれる前の段階で話し合っておくほうが無難だと思います)

旦那さんも仕事に集中できるでしょうし、夫婦の揉め事も減るはずですから、是非検討してみてください。

我が家の睡眠事情

ちなみにうちの夫婦は、寝る時は別々の部屋です。

私は、昔から寝る時は比較的神経質なところがあること。

遠隔療法は遅い時間から行うため、一人で集中するスペースが欲しいこと。

瞑想や気功の訓練を集中して行いたいこと。

といった理由から、別々に寝たいということを、同居する前から丁寧に説明し、快諾してもらいました。

これは、私のワガママといえば、たしかにそうなのかもしれません。

しかし、家計の大部分を担いながら働く夫として、仕事のパフォーマンスが落ちる可能性をできるだけ排除しようとすることは、どちらかと言えば建設的な考えだと思っています。

ただ、こういった考え方に片方だけが納得しているのは問題なので、やはり、お互いにしっかり話し合い、納得してもらうことが大切だと思います。

睡眠のスタイルに正解はない

当たり前のことですが、夫婦関係の在り方に正解が無いのと同様、睡眠のスタイルも各自の自由です。

あなたの性格や考え方に合わせ、夫婦で話し合いながら、より快適なスタイルを見つけてみてください。

繰り返しになりますが、睡眠は人生の3分の1を占め、仕事の質や健康状態に大きな影響を与えるものです。
より豊かなライフスタイルを送っていくためには、真剣に向き合わなくてはいけない問題ではないでしょうか。

〇関連記事

仲が良い夫婦や恋人=一緒に寝ているという幻想
冷房で体調を崩しがちなあなたへ。夏場だけでも夫婦別々に寝てみては?< 〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気を治したい=これまでの生き方を変えたいと思っている人に予め知ってほしいこと

    病院に行っても原因不明と言われ、どんな治療をしても、セルフケアをがんば…

  2. セルフケアについて

    水を大量に飲む健康法のリスク・ちょうどいい水分摂取量について

    便秘解消やダイエットのため、老廃物を排出し健康になるために水を大量に飲…

  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気を治そうと焦るほど、治りづらくなる理由

    「○○するほど、○○できなくなる」といったタイプの話を聞くことがありま…

  4. セルフケアについて

    薬との付き合い方について。極端に薬を嫌う必要はない

    「薬は絶対に飲まない」というこだわりを持っている方がたまにいらっしゃい…

最近の記事

  1. 身体や病気についての知識

    梅雨の時期の体調不良と自律神経の関係
  2. セルフケアについて

    妊婦さんの恥骨痛やむくみの改善には半身浴がおすすめ
  3. セルフケアについて

    美容のためには22時くらいに寝たほうがいいという話の信憑性と、日中の昼寝について…
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    胃腸の弱い人が結婚や同棲をする前に気にした方がいいトイレ問題
  5. セルフケアについて

    陣痛開始から約2時間で・・半身浴と湯たんぽでスピード出産・安産に!?
PAGE TOP