身体や病気についての知識

春先に現れる「だるさ、眠さ、疲れやすさ」の理由とは

春先になるとよく現れる症状として、「だるさ、眠気、疲れやすさ」などがあります。

これらの症状が現れる理由について、さまざまな考え方があると思いますが、今回は、「人間は動物であり、自然の一部である」という視点から、ダイナミックに説明してみたいと思います。

春の前の季節である冬は、あらゆる生物にとって厳しい季節といえます。

この季節を乗り切るための生存戦略はそれぞれ違いますが、基本的には、クマの冬眠のように「余計なエネルギーは使わない」という戦略が一般的です。

人間も動物ですから、冬は行動力が落ちたり、気分が落ち込んだりする傾向がありますが、これはこれで自然なことなんです。

そこまで実害が無ければ、ジタバタせず「冬とはそういうもの」と思って割り切った方が、精神衛生上楽です。

さて、ここまで説明した通り、冬は生物の生命活動が抑制されます。

これは、生体機能が低下するという意味でもあるので、冬はある程度大人しくしていればいいのですが・・
エアコンもあって暖かく、美味しいものも、楽しいイベントも盛り沢山ある冬に、なかなかそうも言ってられませんよね。

クリスマス、忘年会、お正月、新年会・・と、暴飲暴食もするでしょうし、不規則な生活にもなるでしょう。

するとどうなるか・・

冬は生体機能が低下しているので、いつもよりも「からだに老廃物が蓄積する」んです。

多くの現代人は、もともと、老廃物をからだの外に排出する力が相当弱っている上に、冬という外的要因が重なるのでなおさらです。

そして、その状態のまま春に差し掛かると、動物が冬眠から覚めるように、植物が花を咲かせるように、人間の生命力も活発になってきます。

そして、「冬の間に蓄積していた老廃物を、一気に排出しようとする」わけです。

一気に出し切れれば、一時的な症状で済むはずですが、先ほども触れたように、現代人の多くは、もともと排毒力が低下しているので、時間をかけてだらだらと老廃物を処理していくことになります。

すると、人によっては、好転反応※としてのだるさ、眠気、疲れやすさなどの症状が何日も続くということが考えられるわけです。
好転反応(毒出し)はなぜ起こるのか?

ということで、春先によく現れる、だるさ、眠気、疲れやすさを抑えたいのであれば、冬の時期から、意識してからだのケアを行うのが一番です。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫の患部と「共存する」という選択肢

    このコンテンツでは、当院が提案する「新しい婦人病との付き合い方」につい…

  2. セルフケアについて

    嗜好品(たばこやお酒、甘いものなど)を止めないと、病気は改善しないのか?

    「症状を改善したい」とは思いつつも、たばこやお酒、甘いものなどの嗜好品…

  3. セルフケアについて

    食べ過ぎが病気の原因になりうる理由

    現代人の多くは、食べ過ぎる傾向があります。ストレス解消…

  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気を治そうと焦るほど、治りづらくなる理由

    「○○するほど、○○できなくなる」といったタイプの話を聞くことがありま…

  5. セルフケアについて

    「嫌なことは水に流す」水の感触を利用したネガティブなエネルギーの浄化法

    私は、海や川で遊んだり、温泉に入ったりと、基本的に気持ちよく水と関われ…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    ファシー (湯たんぽ)スタンダードボトルの次に買うなら「クッションボトル」がおす…
  2. セルフケアについて

    「冷えは万病の元」と言われる理由
  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    母性本能という幻想。母性という言葉に振り回されている女性は少なくないと思う
  4. セルフケアについて

    自分に合った健康法(セルフケア)の見つけ方
  5. セルフケアについて

    ファシーの湯たんぽを2つ使って骨盤を挟みながら冷えを取る、本当に効果的な婦人病対…
PAGE TOP