セルフケアについて

子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫の患部と「共存する」という選択肢

このコンテンツでは、当院が提案する「新しい婦人病との付き合い方」について、お伝えしたいと思います。

昨今、増加傾向にある子宮筋腫について考えてみます。

誰もが子供のころから慣れ親しんだ現代西洋医学では、「闘病」という言葉があることでも分かるように、基本的に病気を「敵」と見なします。
そのため、症状を薬で抑えつけたり、手術で患部を切除することが治療と考えます。

もしあなたが、西洋医学の価値観に何の疑問も持っていないとすれば、子宮筋腫を小さくしたり、無くそうとすることだけが正しい治療だと思い込んでいるのではないでしょうか。

一方、東洋医学では、病気には「なんらかの意味がある」ものとし、心身のバランスを取るための、ある種の必要悪のようなものだと考えます。

当然、病気と無理に敵対することなく、「共存できるもの」として受け入れ、おおらかな態度で向き合っていきます。

これらの考えのどちらが正しいかどうかという議論に意味はなく、あくまでも、心身に対する捉え方が違うというだけのことです。

しかし、西洋医学的な、病気を敵対し排除しようとするスタンス以外にも方法論があることを知っておいた方が、選択の幅も広がるのではないでしょうか。

手術で患部を切除しても、症状が改善するわけではない

当院にお越しになられる患者さんは、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫などの婦人病でお悩みの方々が多いのですが、大抵の場合、その他にも生理痛や頭痛、肩こりや腰痛など、主訴以外の症状も抱えていらっしゃいます。

主訴以外の症状は、大抵の場合、治療が進んでいくと改善していきますが、主訴である患部のサイズについては結果が分かれます。

運が良い方は患部が小さくなることもありますが、何年も放置してしまったり、患部がかなり大きく固くなってしまっていたり、年齢的な問題、ストレスフルな環境などが絡むと、悪化はせずとも、患部のサイズはそのままという状態に落ち着くケースが多くなります。

西洋医学的には、患部が残っているこの状態を良しとはしないでしょうし、一般の方々も同じように考えると思いますが、当院では、患部のサイズにそこまで振り回される必要はないと考えています。

なぜなら、西洋医学では、患部を手術で切除したとしても、かなりの確率で「再発する」ことを明言していますし、患部が無くなったり、小さくなったとしても、その他の症状は残ったままというケースも少なくないからです。
(※関連記事→婦人病の患部を手術で摘出したとしても、健康な身体に戻るわけではない)

少し視点を変えて考えてみていただきたいのですが、例えば。

「患部は一時的に無くなるが、再発の可能性がかなり高く、しかも、その他の症状については以前とあまり変わらない状態」と。

「手術はしないので患部のサイズは変わらないかもしれないが、その他の自覚症状は気にならなくなり、生活の質が向上した状態」

あなたは、どちらの状態に魅力を感じますか?

婦人病との付き合い方として、当院では後者のような状態を目指すことをおすすめしていますが、どちらにもメリット、デメリットがありますので、決して正解があるわけではありません。

治療法を決めるのは、医師でも家族でもなく、あなた自身です

どんな治療法を選択したとしても、不安は付きまとうでしょうし、他人からの意見に流されそうになることも少なくないでしょう。

特に、両親や家族、友人など、身近にいる方からの意見を聞く時には注意が必要です。

「あなたのためを思って言っているんだ」「心配しているんだ」という、一見、正しそうなの言葉の裏側には、あなたの自主性を無視し、自分の意見を押し付けようとしている意識が働いているかもしれません。
(とはいえ、意見を押し付けてくる本人たちに、そういった自覚はないことがほとんどですが)

他人はあなたの意見や考えに干渉することはできても、
「あなたの身体についてなんの責任も取ってくれない」
ということを忘れてはいけません。

仮に手術の結果に納得がいかず後悔したとしても、それをすすめた医師、家族や友人は何のの責任も取ってくれないのですから・・

大切なのは、
「あなたの生き方や考え方に合う治療法を、あなた自身が責任を持って選択する」
ということです。

あくまでも、治療を受けるのはあなたであることに自覚的になってください。

自分の責任の元、覚悟を持って選択した治療法であれば、少なくとも後悔は減るはずです。

当院の患者さんは、自らの意思で、手術をすることなく子宮筋腫や子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫などの患部と共存する道を選んだ方々です。

もしもそういった生き方が、あなたの価値観を刺激するようでしたら、是非当院にお越しください。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. 考え方を変えて固定観念を壊す

    母性本能という幻想。母性という言葉に振り回されている女性は少なくないと思う

    本や映画、ドラマやアニメなど、さまざまな物語の中で、やさしく微笑みなが…

  2. セルフケアについて

    半身浴は、その日に受けたネガティブな影響をリセットするための儀式にもなる

    ※前回、水の感触を利用したネガティブなエネルギーの浄化法。「嫌なことは…

  3. セルフケアについて

    自分に合った健康法(セルフケア)の見つけ方

    最近では、特に病気に悩んでいるという訳ではなくても、高い健康意識を持っ…

  4. セルフケアについて

    毎日やっていることを少しだけ変えていくと、心と身体がラクになる

    興味深い記事を見つけたので、シェアしたいと思います。記事はこちら→…

  5. セルフケアについて

    暑い夏でも、快適に冷えとり(半身浴)を実践するコツ

    夏の暑い時期の冷えとりは苦痛・・と感じる方は少なくないと思います。…

  6. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法は日本人の価値観と相性がいい

    古くから語り継がれている「頭寒足熱」という言葉があります。心を穏や…

最近の記事

  1. 考え方を変えて固定観念を壊す

    母性本能という幻想。母性という言葉に振り回されている女性は少なくないと思う
  2. セルフケアについて

    足湯について
  3. 身体や病気についての知識

    自分が、外的環境から大きな影響を受けていることを素直に認めると、生きやすくなる
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気だからといって、人生を楽しむことを諦める必要はない=楽しめないことを病気のせ…
  5. セルフケアについて

    食べ過ぎが病気の原因になりうる理由
PAGE TOP