セルフケアについて

毎日やっていることを少しだけ変えていくと、心と身体がラクになる

興味深い記事を見つけたので、シェアしたいと思います。
記事はこちら→http://logmi.jp/61359

本文を要約すると、

新しいことを突然やるんじゃなくて、毎日やっていることをちょこっと変えていく、っていうことが、実は、自分を変える上で1番確実で、大きく自分を変える方法であるということが、これまたいろんな研究でわかってきました。(本文から抜粋)

といった内容の記事です。

この考えには、私も共感しました。

当院で指導しているセルフケアも、日常生活を大きく変えなくてはいけないようなものは採用していません。

半身浴は、お風呂の入り方をちょっと変えるだけ。

湯タンポはお湯を入れるのが多少面倒なだけで、あとは何か他のことをしながら身体を温めるだけですから、生活が大きく変わることはありません。

基本的に人間は、急激な変化を嫌うので、生活が大きく変わるようなセルフケアの方法を指導してしまうと、患者さんはなかなか付いてきてくれないんですね。

例えば私が、「明日から糖質は取らないでください」とか、「毎日、22時には寝てください」なんて言ったとしたらどうでしょう。

おそらく、ほとんどの患者さんが困惑するはずです。

しかし、治療家の中には、こういうことを平気で言う人っているんですね。

おそらく、病気を治すためなんだから、それくらいストイックにならなきゃだめだという理屈なんでしょうけど、根性で病気が治るわけではありませんし、逆効果になる場合も少なくない気がします。

例えば、ストイックな生活はとてもストレスがたまります。

すると、これだけ頑張っているんだから、早く結果を出したいと、「症状の改善度合いに執着する」ようになります。

順調に結果が出ていれば問題ありませんが、そうでもない場合、患者さんは怒りや焦り、不安を抱えることになります。

これらの感情は心身にダメージを与えるだけでなく、臨床的に見ると、こういった感情に支配されている方は、症状改善のスピードが遅い傾向があります。

これでは、本末転倒ですよね。

ですから、私たち治療家は、人間には、急激な変化を嫌う習性があることを考慮し、指導していくことが大切なのではないかと考えています。

本文にも書いてありますが、自分を変えたいと思うなら、「毎日やっていることをちょこっと変えていく」ということが大切です。

派手で大きな変化は、脳が警戒しますから、地道にコツコツ変化していきましょう。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    身体を冷やすファッションについて

    現代人のファッションは、上半身は重ね着をして、下半身は比較的、薄着とい…

  2. 考え方を変えて固定観念を壊す

    症状と執着の関係。3年近く悩んだ皮膚病が、突然治ったキッカケとは?

    当院にお越しになっている、ある患者さんから興味深いお話しを伺いました。…

  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気を治したい=これまでの生き方を変えたいと思っている人に予め知ってほしいこと

    病院に行っても原因不明と言われ、どんな治療をしても、セルフケアをがんば…

  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    子宮腺筋症の激痛が改善し、子宮全摘出手術を免れた患者さんの話

    当院には、子宮腺筋症という病気でお悩みの患者さんが沢山お越しになります…

  5. セルフケアについて

    頭寒足熱・冷えとり療法は日本人の価値観と相性がいい

    古くから語り継がれている「頭寒足熱」という言葉があります。心を穏や…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    冷えとり靴下の重ね履きについて
  2. 身体や病気についての知識

    夏は膀胱炎になりやすい!?
  3. 身体や病気についての知識

    春先に現れる「だるさ、眠さ、疲れやすさ」の理由とは
  4. セルフケアについて

    頭熱(のぼせ)状態が慢性化すると、なぜ危険なのか?
  5. 身体や病気についての知識

    子宮筋腫、内膜症、卵巣のう腫の手術をする前に検討すべきこと
PAGE TOP