セルフケアについて

妊婦さんの恥骨痛やむくみの改善には半身浴がおすすめ

以前、ある患者さんからいただいたメールをキッカケに、身体を温めることの重要性を改めて実感。半身浴と湯たんぽでスピード出産・安産に!?という記事を書きました。

今回、出産間近だった他の患者さんからメールをいただき、再度、半身浴の有効性を実感しましたのでメールをシェアしたいと思います。

M・Sさんからのメール

出産予定日約一週間前になりましたが、ここ一か月ほど恥骨痛なる激痛に見舞われておりました。

大分落ち着きましたが、痛みは人を暗くしますね…

ただ、恥骨痛になってみて、半身浴のすごさを実感することができましたので、取り急ぎご報告させていただきたいと思います。

恥骨痛は、赤ちゃんが下がってきて、その重さで恥骨が歪み、恥骨周辺を支えている筋肉もろもろが強張り、激痛をもたらすようです。

私の場合、恥骨痛発症と同時に足の半端ないむくみも発生し、象のようなパンパンな足に変化しました。

どうやら、鼠蹊部の血流が赤ちゃんの重さ+筋肉の強張りで、一気に滞ったからのようなのですが(セラピストさんいわく)これが、マッサージをしてもらっても一向に良くなりませんでした。

足を高くして寝ると良いと聞きますが、恥骨痛が痛くてなかなかできなかったのです。

そこで、菊地先生の「半身浴・温めること」を思い出し、半身浴をすることにしました。

早速、主人にお願いして、やっとお風呂を洗ってもらい(9か月目あたりから、私はお風呂掃除ができなくなりずっと半身浴が出来ずにおりました・・)半身浴をしたところ、むくみ改善!!!!

これにはびっくりしました。

半身浴しながら、足の先から、お尻までマッサージをしたので、その効果もあるのかもしれませんが、水の浮力でマッサージもしやすくて(お腹が邪魔して、陸上ではマッサージすらできません・・)半身浴って、すごい!!
と改めて実感したのです。

浴槽の中で足をまっすぐ伸ばせたり、高くできたりすることも良かったのかも。

健康な時はビフォーアフターは正直実感しにくいですが、ここまで体調を悪くしてみて、確実に半身浴が良いもの・効果があるものだと実感しました。

身体を温めること、血流を良くすることの大切さがよくわかりました。
そして、それを続けることの大切さも。

なので、主人に毎日お風呂を入れてもらえるように可愛くお願いし、感謝と効果を伝えています(笑)
(↑これが私には大変な道のりでしたが・・)

痛みの軽減にも効果があったようで、足を高くして寝ることもできるようになり、むくみも痛みもまだまだありますが、改善してきました。

他人の手を借りることもすごくいいことですが
、自分の身体は自分でケアすることが大切ですね。

その手段として、半身浴は本当に手軽で、最高のものだと思いました。

正直半身浴にそこまで期待をしていなかったのですが(すみません)半身浴効果、絶大ですね。

先生がメルマガ、施術の際に、呪文のように「半身浴・湯たんぽ」と仰ってくださっているおかげで私は思い出せ、実行できました。
ありがとうございます!

長文失礼致しました。
取り急ぎ、感謝とご報告まで!

ちなみに、無事出産されたM・Sさんは、初産にもかかわらず、以前ご紹介したK・Sさんの場合と同様に、「陣痛から4時間弱のスピード安産」でした。

やはり身体を温めることは、とても大切なのだと思います。
是非、できる範囲で取り組んでみてください。

〇関連記事

頭寒足熱・冷えとり療法

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    からだの深部の冷え

    2つ目のパターンは、身体の内側、深部に冷えがたまるパターンです。…

  2. セルフケアについて

    とにかく温かい湯たんぽが欲しい!保温性にこだわる方には「陶器製」の湯たんぽがおすすめ

    当院では、婦人病対策という意味で、患部を直接ケアすることができ、使い勝…

  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    子宮腺筋症の激痛が改善し、子宮全摘出手術を免れた患者さんの話

    当院には、子宮腺筋症という病気でお悩みの患者さんが沢山お越しになります…

  4. セルフケアについて

    子宮や卵巣が冷えに弱い理由・婦人病対策として温めることが有効な理由

    当院の患者さんにはある程度お伝えしている話ではありますが、今回は改めて…

  5. セルフケアについて

    毎日やっていることを少しだけ変えていくと、心と身体がラクになる

    興味深い記事を見つけたので、シェアしたいと思います。記事はこちら→…

  6. セルフケアについて

    簡単な食生活の見直し方

    食事に気をつけることは重要ですが、当院の患者さんには、頭寒足熱・冷えと…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    とにかく温かい湯たんぽが欲しい!保温性にこだわる方には「陶器製」の湯たんぽがおす…
  2. セルフケアについて

    半身浴や湯たんぽと併用することで相乗効果を生む冷えとりアイテム
  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    婦人病の患部を手術で摘出したとしても、健康な身体に戻るわけではない
  4. セルフケアについて

    冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ
  5. セルフケアについて

    薬との付き合い方について。極端に薬を嫌う必要はない
PAGE TOP