セルフケアについて

半身浴は、その日に受けたネガティブな影響をリセットするための儀式にもなる

※前回、水の感触を利用したネガティブなエネルギーの浄化法。「嫌なことは水に流す」で、水の感触を利用したネガティブなエネルギーの浄化法をお伝えしました。

いわゆるイメージ療法のようなものなのですが、イメージするだけで心身が変化するなんて信じられないと感じる方もいるかもしれません。

では試しに、スライスしたレモンを食べているところを想像してみてください。

上手にイメージできていれば、大抵の場合、唾液が分泌されるはずです。

また、自分が大好きな芸能人と手をつないでいるところを想像してみてください。

これも上手にイメージできていれば、ドキドキしたり、血圧が上がったり、汗ばんだりするはずです。

このことが示しているのは、鮮明なイメージは、「心と身体に具体的な変化をもたらす」ということの証明です。

今日受けたネガティブな影響は、その日のうちに浄化する。

前置きが長くなりましたが、今回は、半身浴を行うことで、その日に蓄積したネガティブなエネルギーをリセットすることができるという話です。

古来から水は、心身を浄化し、清める存在として重宝されてきましたが、嫌な出来事があった日にお風呂に入ると、実際に心と身体を浄化することができると考えています。

ただ普通にお風呂に入るだけでもいいのですが、より効果的な方法は、まずお湯に浸かりながら、「今日受けたネガティブな影響をお湯で清める」と断定型で心の中で念じます。

(設定を明確に行うことで、それが現象化しやすくなります。なぜかは分かりませんが、世の中はそういう風にできているようなんです)

そして、胸の辺りの苦しさや、怒り、不安のエネルギーが、お湯に溶けて消えていくようなイメージをするとさらに効果的です。

嫌なことを記憶から消去することはできませんが、その出来事から生まれたネガティブな感情エネルギーを、このようなイメージを用いることで減らすことはできます。

例えば、白いシャツを誰かに汚されても、汚されたという記憶は残りますが、洗濯することで、汚れ(ネガティブな影響)は落ちますよね?この洗濯という行為が、お風呂に入ることだと思ってください。

ということで、半身浴には、今日受けた(または自分の心で作り出してしまった)ネガティブなエネルギーをリセットし、次の日に持ち越さないための「儀式」としての役割があります。

どうりで、入浴後は、身も心もスッキリするはずですね。

文字通り、「嫌なことは水に流す」ということです。

シャワーじゃだめなのか?

今日受けたネガティブな影響は、その日のうちに浄化する。

ネガティブなエネルギーを水に流すだけなら、シャワーだけでもいいんじゃないか?と思う方もいるかもしれません。

たしかに、前回お伝えしたように、手を洗うだけでも、シャワーをあびるだけでも、イメージさえできれば、ネガティブなエネルギーを流すことは可能です。

しかし、問題なのは「シャワーだけではあまりリラックスできない」という点です。

実は、心身に強い影響を与えるような鮮明なイメージは、リラックスした状態でないと、うまく描くことができません。

私たち気功家が、気というエネルギーをイメージ(意念と言ったりします)で動かす際も、とにかく脱力し、リラックスすることが最も重要なことだとされているくらいですからね。

プロの私たちでさえそうなのですから、一般の方がイメージを描く場合は、やはり、お湯に浸かって、ゆっくりリラックスする必要があると思います。

そうすれば、精神的にも肉体的にも、その日の嫌な出来事をリセットし、次の日の英気を養うことができるはずです。

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    森林浴のススメ

    みなさんは、森林浴という言葉をご存知でしょうか。聞いたこと…

  2. 身体や病気についての知識

    子宮筋腫、内膜症、卵巣のう腫の手術をする前に検討すべきこと

    前回の記事で、手術は根本的な解決にはならないと書きました。…

  3. セルフケアについて

    薬との付き合い方について。極端に薬を嫌う必要はない

    「薬は絶対に飲まない」というこだわりを持っている方がたまにいらっしゃい…

  4. セルフケアについて

    湯たんぽ(ファシー)のお湯の温度を簡単に調整する方法、お湯の量について

    当院では、婦人病対策という意味で、患部を直接温めることができる、使い勝…

最近の記事

  1. 身体や病気についての知識

    なぜ、天気が悪くなると、古傷(神経痛)が痛むのか?
  2. セルフケアについて

    暑い夏でも、快適に冷えとり(半身浴)を実践するコツ
  3. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気を治そうと焦るほど、治りづらくなる理由
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    病気を治したい=これまでの生き方を変えたいと思っている人に予め知ってほしいこと
  5. 考え方を変えて固定観念を壊す

    医師の対応に傷つく患者が多い理由とは。西洋医学は心をどう捉えているのか
PAGE TOP