セルフケアについて

暑い夏でも、快適に冷えとり(半身浴)を実践するコツ

夏の暑い時期の冷えとりは苦痛・・
と感じる方は少なくないと思います。

そもそも、夏は冷えについて気にする必要はないと考えている方もいると思います。

しかし、「夏でも身体は意外と冷える」んです。

むしろ、冷えに意識的になり、防止しやすい寒い時期よりも、夏の方が冷えによるダメージが大きいこともあるくらいです。

夏に身体を冷やす原因として、代表的なものはやはりエアコンの問題でしょう。

暑い屋外から、寒いくらいに冷房が効いた室内を行ったり来たりすることで、自律神経(体温調節)が乱れやすくなることはよく知られています。

また、視点を変えて考えてみると、エアコンの冷たい風は、物理的な法則から部屋の下の方に集まるので、下半身は冷え、上半身はのぼせるという、「頭熱足寒(健康体の理想である頭寒足熱の逆の状態)」の状態を作る原因となり得ます。

(関連記事→頭熱(のぼせ)状態が慢性化すると、なぜ危険なのか?

その他にも、暑さのせいで、自然に冷たい飲食物の摂取量が増えることが予想されますし、そのことで内臓が冷える(機能が低下してしまう)可能性も高くなりますから、通常どおり身体の冷えを取るケアは継続した方が無難なんです。

とはいえ、夏の暑い時期に身体を温めるケアを行うことは、人によってはストレスをともなうこともあるかと思います。

そんな方々に、暑い夏でも快適に冷えとりを実践するコツをお伝えしたいと思います。

快適に半身浴をするコツ

半身浴が苦痛な場合1

半身浴の回数を減らし、その分は「足湯」に切り替える
※エアコンや扇風機のある部屋で行うと、ストレスも少ないはずです。

半身浴が苦痛な場合2

半身浴の回数を減らし、その分は「湯たんぽ」に切り替える
※エアコンや扇風機のある部屋で行うと、ストレスも少ないはずです。

半身浴が苦痛な場合3

半身浴中に、浴槽から洗い場の方に上半身を出し、後頭部や首に水をかけて冷やしましょう。

※冷やす回数、時間に決まりはありませんが、あまりやり過ぎると、頭痛が出たりするので、気持ち良い程度に抑えておきましょう。

頭寒足熱の状態になり、のぼせが取れて、一気にシャキッとします。
頭痛や首肩こりにも効果的です。

〇関連記事
頭寒足熱・冷えとり療法
湯たんぽは「冬だけのもの」という先入観を見直す

〇ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    ファシーの湯たんぽを2つ使って骨盤を挟みながら冷えを取る、本当に効果的な婦人病対策

    陶器製の湯たんぽをご紹介した記事の中で、ファシーと陶器製の湯たんぽの合…

  2. セルフケアについて

    とにかく温かい湯たんぽが欲しい!保温性にこだわる方には「陶器製」の湯たんぽがおすすめ

    当院では、婦人病対策という意味で、患部を直接ケアすることができ、使い勝…

  3. セルフケアについて

    「冷えは万病の元」と言われる理由

    「冷えは万病の元」という言葉は、今や一般的なものになっており、身体が冷…

  4. セルフケアについて

    生理の量が多いことが原因で、再就職先の内定を断った患者さんの話

    ある患者(以下Kさんとします)さんが、せっかく受かった再就職先の会社を…

  5. セルフケアについて

    冬に手先、足先が冷たくなってしまう方へ

    半身浴や湯たんぽを使って身体を温め続けていても、冬になると、手先や足先…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    子宮や卵巣が冷えに弱い理由・婦人病対策として温めることが有効な理由
  2. セルフケアについて

    簡単な食生活の見直し方
  3. セルフケアについて

    自分に合った健康法(セルフケア)の見つけ方
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    婦人病の患部を手術で摘出したとしても、健康な身体に戻るわけではない
  5. セルフケアについて

    湯船に入った時の「あ~極楽」というリアクションと、日本人のアイデンティティについ…
PAGE TOP