セルフケアについて

自分に合った健康法(セルフケア)の見つけ方

最近では、特に病気に悩んでいるという訳ではなくても、高い健康意識を持った方が増えてきており、さまざまな健康法に注目が集まっています。

しかし、いざ、セルフケアの方法を探そうとすると、健康関連の情報は非常に多いので、何を信じて良いのか分からず、振り回されてしまうという声もよく伺います。

これから何らかのセルフケアに取り組んでいきたいと考えている方に、一つアドバイスがあります。

それは、健康法を選ぶ前に、「それが現実的に継続できるものなのか?」という視点を持って冷静に検討すべきだということです。

「効果がありそうか?」よりも「続けられそうか?」という視点で判断する。

最初はヤル気満々で始めた健康法も、途中で面倒になってしまい、投げ出してしまった経験がある方は少なくないでしょう。

しかし、そもそも継続できなければ、どんなセルフケアでも、あまり意味がありませんから、まずは、現実的に継続可能なものなのかを検討する必要があります。

そのためには、これから取り組みたいと思っているセルフケアについて、どのようなネガティブな要素があるのかをピックアップしてみると良いと思います。

例えば。

〇遠出する必要がある。

〇結構お金がかかる。

〇知識や技術を必要とする。

〇セミナーや講習会に参加する必要がある。

〇我慢しなくてはいけないことが多い。

〇一人ではできない。

〇胡散臭い。

〇疲れる。

といった感じです。

どんなセルフケアにもネガティブな要素はあり、ある程度の努力は必要です。

しかし、どんなに頑張ろうとしても、どうしても苦手なこと、我慢できないこと、金銭的に厳しいことなどの場合、やはり継続することは難しいはずです。

その辺りの可能性を、ご自分の価値観やライフスタイルと照らし合わせて検討してみると良いと思います。

健康法に取り組んでも、途中で投げ出してしまう人が多いのはなぜか?

しかし実際に、気になっている健康法のネガティブな要素をピックアップしてみると、やっぱり継続するのは難しいかな・・と、躊躇してしまう方も多いと思います。

仮にそう思ってしまったとしても、それは、あなたの根性がないとか、勇気がないとか、おそらくそういうことだけが原因ではありません。

実際に、多くの健康法は、精神的にも、金銭的にも、継続することが難しい場合が多いのだと思います。

少なくとも、セルフケアを指導する側から見ると、一般の方が継続するのはだいぶ難しいだろう・・と思える健康法の方が、世の中には沢山あるように感じるんです。

ですから個人的には、健康法にチャレンジした方の多くが、途中で面倒になってしまい投げ出してしまうのも、無理ないんじゃないかな・・と思うのです。

努力が足りない!覚悟が足りない!忍耐力が足りない!と、健康法の指導者の人たちは感じるかもしれませんが、そんな根性論を振りかざしたところで、現代人の心に響かせることはなかなか難しいものです。

高度経済成長やバブルの時代を知らない世代の日本人は、感覚的に、「努力や根性でどうにかできることばかりではない」ということを知っています。

それは元気が無くなったわけではなく、クールに現実を直視しているだけで、「時代に適応した結果」なのだと思います。

話が逸れましたが、現代人が求めているのは、根性や忍耐力が必要な健康法などではなく、できるだけ「ラクに、お金をかけず、効果が出るような健康法」だと考えています。

そこで、当院では、大抵の方が無理なく継続でき、効果的な健康法として、半身浴湯たんぽをおすすめしています。

つづく→私が半身浴と湯たんぽを、最も優れた健康法だと思う理由

子宮や卵巣の病気でお悩みの方へ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体菊地屋

関連記事

  1. セルフケアについて

    美容のためには22時くらいに寝たほうがいいという話の信憑性と、日中の昼寝について

    自宅にいる時間が長い方の中には、昼寝などの「こま切れ睡眠」をとっている…

  2. セルフケアについて

    嗜好品(たばこやお酒、甘いものなど)を止めないと、病気は改善しないのか?

    「症状を改善したい」とは思いつつも、たばこやお酒、甘いものなどの嗜好品…

  3. セルフケアについて

    陣痛開始から約2時間で・・半身浴と湯たんぽでスピード出産・安産に!?

    当院では、全ての患者さんに半身浴と湯たんぽによるセルフケアに取り組んで…

  4. セルフケアについて

    湯たんぽ(ファシー)のお湯の温度を簡単に調整する方法、お湯の量について

    当院では、婦人病対策という意味で、患部を直接温めることができる、使い勝…

  5. セルフケアについて

    生理の量が多いことが原因で、再就職先の内定を断った患者さんの話

    ある患者(以下Kさんとします)さんが、せっかく受かった再就職先の会社を…

  6. セルフケアについて

    湯船に入った時の「あ~極楽」というリアクションと、日本人のアイデンティティについて

    湯船に入った時、実際に「あ~極楽」と言う方はあまりいないと思いますが、…

最近の記事

  1. セルフケアについて

    セルフケアを失敗しないためのコツ
  2. 身体や病気についての知識

    声の大きさと、症状の改善度合の関係
  3. セルフケアについて

    薬との付き合い方について。極端に薬を嫌う必要はない
  4. セルフケアについて

    私が半身浴と湯たんぽを、最高に優れた健康法だと思う理由
  5. セルフケアについて

    8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?
PAGE TOP