婦人病と共に生きる・子宮や卵巣の年齢を若々しく保つための生き方

はじめまして、「手当て整体 菊地屋」院長の菊地です。

当院では、子宮筋腫子宮内膜症子宮腺筋症卵巣のう腫生理痛月経前症候群(PMS)不妊症頭痛・偏頭痛更年期障害など、あらゆる婦人病に特化した施術を行っています。

これまで、沢山の婦人病患者さんと向き合ってきた経験や知識を元に、当院の患者さんはもちろん、当院にお越しいただくことが難しい方々にも、役立てていただけるような情報を発信しようと思い、このブログを立ち上げました。

近年、さまざまな婦人病でお悩みの方が増えています。
                                                                                    
成人女性の4~5人に1人に子宮筋腫があると言われていますし、子宮内膜症や卵巣のう腫でお悩みの方も増加しています。
                                                                                    
わざわざ公言していないだけで、不妊治療を受けている方も珍しくありませんし(デリケートな問題ですからね)、生理痛や月経前症候群(PMS)、更年期障害なども含めると、かなり多くの方が、なんらかの婦人病でお悩みになっていると考えられます。

婦人病が発覚した場合、大抵の方は病院で手術やホルモン療法による治療を受けることになるわけですが、それはおそらく、病院での治療を自主的に選択しているというよりは、「それ以外の選択肢を知らないからそうしているだけ」という場合も少なくないのではないでしょうか。

もちろん、西洋医学以外は信用できないと思っている方や、治療の効果を十分実感しているという方であれば何の問題もないのですが、中には、「病院での治療ではなかなか症状が改善しない方」や、「手術や薬による治療に違和感を感じている方」もいるはずです。

そのような方々が、「知識がない」というだけで病気を改善するチャンスを失わないためにも、当院で効果を上げている具体的なセルフケアの方法、ストレスマネジメントの方法などをこのブログで提案していきたいと考えています。

西洋医学では、手術で患部を切除したり、薬で無理矢理症状を抑え込むような、どちらかといえば攻撃的なスタンスで治療を行いますが、東洋医学では、病気には「なんらかの意味がある」ものとし、心身のバランスを取るための、ある種の必要悪のようなものだと捉え、大らかに病気と向き合います。

このブログでも、そういった東洋医学的なスタンスを重視し、「病気と敵対するのではなく、うまく共存していく方法」をお伝えしていきたいと思っています。
(関連記事→子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫の患部と「共存する」という選択肢

今後、婦人病にならないように未然にケアしたい方、今お悩みの婦人病を、できるだけ薬に頼らずに改善したい方、子宮や卵巣を手術で切除したり※、全摘出することなく、一生のパートナーとして、できるだけ共に生きていきたいと思っている方などにおすすめのブログです。

※子宮や卵巣の病気になると、年齢によってはわりと簡単に摘出手術をもちかけられることがあります。

ブログでお伝えしている身体を温めるセルフケアや、ストレスマネジメントをしっかり実践していただくと、例えば・・

冷え性、生理の問題(生理痛、月経前症候群(PMS)、不正出血)
頭痛、自律神経の乱れ、更年期障害、頭熱(のぼせ)

などでお悩みの方であれば、実感としての辛さが軽減し生活の質が向上するはずです。

また、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、チョコレートのう腫などでお悩みの方の場合は、身体を温めることで、生理痛や頭痛など、さまざまな症状が軽減したり、手術しなくてはならないレベルまで病気が悪化することを回避できる可能性が高くなるはずです。

それ以外にも、既に婦人病の患部を手術したことがある方であれば、再発する可能性を減らすためにも、身体を温めるケアは有効です。
(婦人科系の病気は非常に再発が多いことで知られています)

病気になりづらい健康な身体を作っていきたい方や、妊娠の可能性を高めたい方などにも、身体を温めるセルフケアは非常に有効だと考えています。

もちろん、身体を温めさえすれば、全ての症状が魔法のように改善するというわけではありませんし、病院へ行かなくても大丈夫などと、無責任なことは言えません。

しかし、私の臨床経験から言えることは、あらゆる婦人病にとって「冷えは大敵」であるということであり、また、身体を温めるセルフケアを生活に取り入れていけば、実感としての症状がラクになり、生活の質が向上する可能性は間違いなく高まるということです。
(関連記事→「冷えは万病の元」と言われる理由子宮や卵巣が冷えに弱い理由・婦人病対策として温めることが有効な理由

何のケアもしなければ、子宮や卵巣の機能は年齢とともに低下していき、ホルモンバランスの乱れから不妊症や更年期障害、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮腺筋症などの婦人病になるリスクも増えてきます。

そういったリスクをできるだけ避けるためにも、「自力でやれることはやっていきたい」という自立心を持っている方には、是非このブログの情報を役に立てていただければと思います。

ブログのランキングサイトに登録してみました。
婦人科系の病気に関するブログは少なくないのですが、実際に患者さんと向き合っているプロの治療家が作っているものはほとんどありません。お金がかからず効果的なセルフケアを多くの方にお伝えしたいと思っていますので、よろしければボタンを押して応援していただけると幸いです。 にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ

姉妹ブログについて

自分を壊し、自分で選ぶていねいに生きていくために_決定ロゴmini
あらゆる病気や生きづらさの原因は、その人のライフスタイルの中に潜んでいます。
そして、そのライフスタイルを作り上げるのは、「○○すべきだ」「○○しなくてはならない」といった、その人の固定観念や偏った価値観です。

そういった生きづらさの原因となっている固定観念や偏った価値観を見直し、「精神面」からライフスタイルを変えていく方法について考察しているブログです。

〇無料メールマガジン
当院のブログと、以下の2つの姉妹ブログに掲載する予定の記事をメルマガにて先行発信しています。
その他にも、メルマガ限定のコンテンツも発信していく予定です。

子宮や卵巣の病気でお悩みのあなたへ
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣のう腫、生理痛、不妊症などのあらゆる婦人病を
できるだけ手術や薬以外の方法で改善したい方におすすめの整体院
手当て整体 菊地屋

最近の記事

  1. 身体や病気についての知識

    梅雨の時期の体調不良と自律神経の関係
  2. セルフケアについて

    8時間の睡眠が理想とする説は根拠がない!?
  3. セルフケアについて

    「嫌なことは水に流す」水の感触を利用したネガティブなエネルギーの浄化法
  4. 考え方を変えて固定観念を壊す

    症状と執着の関係。3年近く悩んだ皮膚病が、突然治ったキッカケとは?
  5. セルフケアについて

    嗜好品(たばこやお酒、甘いものなど)を止めないと、病気は改善しないのか?
PAGE TOP